MRの転職は難しい?

MRから異業種への転職は難しい?

MRを取り巻く環境は厳しくなってきています。

高年収で知られたMRも今では先行きが怪しくなってきており、大手であっても早期退職を募集したりしています。

接待ができなくなってからMRは仕事がやりにくくなってきていますが、今の状況下においては営業活動が困難に感じられているMRの方も多いのではないでしょうか。

MRから異業種転職することは可能です。

しかし転職成功には年齢が重要なポイントとなります。

20代の方であれば、将来性を買って中途採用を検討してくれる企業は多いでしょう。

志望動機やビジョンをしっかりと答えられるように準備をして面接に臨むことで、内定を貰える可能性は十分にあります。

もしくはマネジメント経験がある30代、40代といった方も異業種転職に成功する可能性はあります。

転職にあたっては、転職エージェントを利用して情報収集をする方法がおすすめです。

というのも転職エージェントを利用した場合、一人で転職活動をするよりも成功率が上がるケースが多いためです。

企業への推薦状などももらえるため、より効果的にアピールすることができます。

業界大手の転職エージェントを利用することで、様々な業界の求人情報を得ることができます。

MRの転職についても、サポートしてもらうことが可能です。

ぜひ活用してみてください。

異業種からの転職は困難を極める

比較的に安定しているMRの仕事に職を変えたいと考えているという方も少なくは無いと思います。

実際に転職するというのは難しいものなのでしょうか。

まず一般的に転職といえば、未経験者経験者のキャリア採用の二種類があります。

このうち未経験者は、MRの場合だとかなり困難を極めるでしょう。

国内には製薬会社などの勤め口の数は非常に多いのですが、就職希望者も非常に多いのです。

基本的に未経験者は新卒者の採用に限られ、異業種からの入るというのは難しいといえます

ただストレートに入るのは無理でも、回り道をした場合には可能なケースもあります。

キャリアを積んでから転職する手も

例えば比較的緩やかなCSO企業に的を絞って就職し、派遣先となる製薬会社でMRとしてのスキルを高めキャリアを積むという手があります。

こうした経験を経て製薬会社に入るのであれば経験者のキャリア採用という事になりますので、ただ単に製薬会社への転職を目指すよりは成功の可能性が俄然高まってきます

ただし経験者であれば必ず受かるというわけではありません。

まずMR認定資格は5年という期間設定があるため、これを失効した場合には採用される可能性はなくなります。

また求人情報に目を通すと大抵は35歳までという条件が付けられていますので、それを越えた40歳以降の方の採用はかなり難しいといえます。

ただし製薬業界を見渡してみると、国内企業のみならず海外勢も非常に多くあります。

海外企業の場合は国内の一般的な転職規準と異なる場合もあるので、個々の会社ごとに調べておいても良いでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロdodaのエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ