MRから薬剤師へ転職、年収の問題

高年収・高給与MRから調剤薬局への転職、給料の問題

薬剤師資格をお持ちのMRの方が薬剤師として働く事を決意された場合、多いのは調剤薬局への薬剤師転職となりますが、仕事内容であったり調剤未経験でも採用される可能性があるかどうか、といった事も気になる部分かとは思います。

そしてそれ以上に気になる方も多いのでは、と思われるのが「年収」に関しての話です。

MRとして勤務されている製薬会社にもよりますが、基本的にはキャリアを積まれてきた方であればサラリーマンの平均年収よりも高額な給与・年収を稼がれている方が多いと思います。

ちなみに平成25年のサラリーマンの平均年収は、

「約414万円」

だという事です。

もし仮に製薬メーカーの中でも上場メーカーで上位トップ10にランキングされるような製薬メーカーで働いていた場合には、1,000万円以上の年収という方もいらっしゃるかもしれません。

それ以外、中堅の製薬メーカーであっても平均年収500万~600万くらいの方が多いのかなという所ではないでしょうか。
(お互いズバリな年収の話はしたことがありませんが(^_^;、話の端々、探り合いの感じではそれくらいの営業さんが多かったでしょうか)

競合他社とはいえ、顔馴染みになると多少は話をする事もありますしね。卸の方と話していて、老後の年金の話から年収、手取りの話になることもありました。

お互いハッキリは言えませんが、やっぱり気になる事は気になりますしね。年収って。

いずれはメーカーに転職したいと思っている、という人もいましたっけ。

転職によって年収アップを狙える場合もありますが(年収アップの転職事例を前面に打ち出している転職支援サービスも多いですよね)、基本的には製薬会社から調剤薬局や病院などへ転職する場合には、給料は減ってしまうことは覚悟しておくことが必要かなと思います。

特に年収800万円や1,000万円といった高給与を取られていた方の場合、そもそもそんなに高年収な薬剤師求人は滅多にありませんし、調剤未経験といった状況・スキルであれば、年収に関してこだわる事よりも、まず採用される可能性があるかどうか、これが優先される場合が多いでしょう。

20代で若い方だと、年収もそれほど高額になっていない場合もあるでしょう。その場合には、転職によって年収アップとなる可能性もあります。

年収500万 → 550万、600万へのアップであれば現実的な年収ではないでしょうか。

年収維持、もしくは年収アップを狙いながらの転職活動も可能かと思います。

製薬会社MRから調剤薬局、薬剤師として転職するには

何らかの事情でMRから調剤薬局の薬剤師などへ転職を希望される場合、期限を決めて転職活動をしたい方も多いと思います。

例えば、MRの転職理由で多いのは「転勤」ですが、転勤出来ない理由があるため、薬剤師として転職する事を考えた、という方は多いんですね。

また、実家の調剤薬局を継ぐためにそろそろ修行をしよう、ということで調剤薬局からの薬剤師求人を調べはじめた方もいらっしゃるでしょう。

将来的に調剤の仕事をしたいと考え始めていて、転勤について打診されたことをきっかけとして転職に意識が傾いたMRの方もいるでしょう。

いずれにしても「薬剤師として働く事」が転職活動のゴールとして明確にありますから、薬剤師として採用してもらえる職場を探したい、MRはもう辞めると決めて転職活動をスタートされている方がほとんどだと思います。

転職活動をするにあたり、MRから調剤薬局など薬剤師として転職を希望される場合には、以下の記事中でご紹介するような薬剤師求人数が豊富な紹介会社、転職エージェントを利用される事をおすすめいたします。

いずれでご紹介する紹介会社も、調剤未経験の薬剤師求人が多く掲載されていますし、製薬会社MRからの転職事例も参考方法として聞く事が出来るでしょう。

薬剤師紹介会社に幾つか登録して、最も熱心にサポートをしてくれる担当コンサルタントを選ぶ、という方も中にはいます。

転職活動の方法として、ご参考までにして頂ければと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ