30代、MRから調剤薬局薬剤師へ転職

MRから調剤薬局で働く薬剤師へ転職したい

20代後半、30代でMRとしてのキャリアから調剤薬局で働く薬剤師として転職を希望される方、もしくはキャリアチェンジに興味のある方向けに記事を掲載しています。

薬学部を卒業後、薬剤師として病院や調剤薬局へ就職せず、製薬会社で働くMRとしてキャリアをスタートする方も増えています。

薬剤師として資格を持ちながらMRとして働いてきて、とあるタイミングで転職について考える事もあるでしょう。

多くはありませんが、中には最初から調剤薬局を開業したいと言うことで資金集めのために給与が高いMRとして30歳まで働いて、転職を試みるといった方もいます。

30代から改めて薬剤師としてキャリアをスタートされた方も、実際多いんですね。

もちろん薬剤師としてブランク期間もありますから、勉強する事は前提ではありますが、MRとして日々医師、医療従事者へ情報提供を行う中で医薬品について詳しくなっているため、意外とスムーズに業務に慣れていく事が出来た、という薬剤師の方は多いですよね。

薬剤師紹介会社にはそうしたMRから薬剤師へ転職を希望される方の過去に転職事例も多数あります。中には自分と近い状況の転職事例もあるかもしれません。例え状況は違ったとしても、MRから薬剤師へ転職された方の話は、とても参考になると思います。

もし薬剤師へ転職をされることを希望している場合には、

といったような薬剤師紹介会社を利用される事をおすすめしたいと思います。

とりあえず話を聞いてみたい、相談してみたいといった事でも登録する事は可能です。MRから薬剤師としてキャリアチェンジを希望される方、興味のある方はまず一度相談されてみてはいかがでしょうか。

MRから薬剤師へ転職を目指す理由

MRの転職理由として多いのは「転勤」です。

転勤辞令をきっかけとして、特にご家族のいる方の場合色々と考えるところもあるでしょう。また、年齢的にも親の介護問題などを抱えている方も増えてくるかと思います。

家族で相談したり、悩んだ結論として転勤をしなくても済む選択肢を選ぶ、というケースも多いんですね。

薬剤師として資格を持っている事で、比較的、転職をしやすいという事もあるでしょう。実際、薬剤師紹介会社を利用する事でMRから例えば調剤未経験薬剤師であっても、転職先となる調剤薬局が見つかるケースも多いです。

年齢、本人の熱意、MRとしてのキャリア、コミュニケーション能力なども評価されるそうです。未経験であっても転職成功の可能性は十分、と判断される場合も多いでしょう。

迷っているのであれば、一歩踏み出してみるのも良いのでは、と思いますがいかがでしょうか。

転職は特に30歳を過ぎてからは1歳年を取る毎に難しくなるとも言われます。後から後悔しない選択をされるのが一番かと思います。

MRとしてキャリアを積んでいた方が薬剤師として働く事を希望される転職理由として、他には、

といった事などが挙げられるでしょうか。

一番最後の「MRの仕事に嫌気がさした」というものですが、転職理由には建前と本音とがある場合も多いでしょう。本音ベースではMRとして仕事をしていくのが辛くなった、という方も実は多かったりするのではと思います。

30代であってもMRから薬剤師として転職する事は十分、可能性があると言えるでしょう。もし転職をお考えの薬剤師資格を持つMRの方は、先ほどご紹介したような薬剤師紹介会社に相談されてみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ