MRから薬剤師に転職する時のおすすめ紹介会社

MRから薬剤師へ転職。おすすめ薬剤師紹介会社

MRから何らかの理由で薬剤師へ転職したい、と思った時。転職活動をする方法としては幾つか方法がありますが、最も良いと思うのはやはり薬剤師紹介会社を利用する方法です。

MRから薬剤師として転職を希望される方の多くは薬学生からの就職で製薬会社を選ばれた方が多いのではと思います。

もしくは最初は調剤薬局や病院薬剤師として勤めていて、製薬会社MRとして転職をされた方。調剤経験ありの方もいれば、調剤未経験の方もいらっしゃるでしょう。

MRとして営業活動をされていた期間もそれぞれかと思います。実際の所、ブランク期間が4,5年程度あったとしても20代であれば十分に転職に成功する可能性はあると言って良いでしょう。

30代でもそれまでのMRとしてのスキル、コミュニケーション能力などをしっかりアピールし、志望動機も説得力のあるものを用意する事で採用される可能性は見えてきます。

実際、MRから調剤薬局の薬剤師へ転職に成功した方の事例は、薬剤師紹介会社には多数あるはずです。年齢やブランク期間など、自分の状況に近いそうした転職成功事例を聞く事も大いに参考になりますよね。

MRから薬剤師へ転職する時に活用して頂きたい薬剤師紹介会社としては、MRから薬剤師へ転職、意外と多い?でもご紹介していますが、

の3つをおすすめしています。

リクナビ薬剤師はMRから調剤未経験の薬剤師へキャリアチェンジなどの事例が掲載されています。こうした事例を実際に聞く事で、どのように転職活動を進めていけばいいか、準備をしていくと良いのかが具体的にイメージできると思います。

利用は無料ですから、上記のような薬剤師紹介会社を活用して情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

MRから薬剤師へ転職したいのはなぜ?志望動機を明確に

「なぜ今勤めている製薬会社のMRから、薬剤師へキャリアチェンジをしたいのですか?」
「なぜ薬剤師に転職をしたいのですか?」

面接でも確実に聞かれる質問となるでしょう。

元々数年したら薬剤師として転職しようと思っていた、という方もいますよね。薬局開業のための資金を稼ぐために、MRとして頑張って必死に仕事をしてきた、というケースです。

転職理由がもしネガティブなものであれば、注意が必要です。
MRとしての仕事に嫌気が差してしまったので退職したい。単刀直入に、そうした転職理由の方もいるでしょう。そのまま言う方は少ないと思いますが、前向きな志望動機を考える必要がありますよね。

少なくともキャリアチェンジとして薬剤師を選ばれた訳ですから、こんな薬剤師になりたいという「薬剤師像」があると思います。

そうした事も考えつつ志望動機を作ると、より伝わる内容になるのではないでしょうか。

MRから薬剤師へ転職するということで、志望動機はより厳しく見られると想定しておいた方が良いでしょう。しっかりと事前準備をすることが必要です。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ