MRから薬剤師へ転職 調剤未経験でも大丈夫?

MRから調剤未経験、薬局薬剤師への転職

以前、薬剤師からMRへ転職される方が増えているという記事を掲載しましたが、逆にMRから薬剤師へ転職をされる方も多いです。

その際、以前の経験として調剤経験があればより転職しやすいですし、調剤未経験であっても採用される可能性は十分あります。現に、調剤未経験で調剤薬局へ転職に成功した元MR薬剤師という方は多くいらっしゃいます。

MRから薬剤師へ転職する理由としては、「元々、調剤の仕事をしたいと考えていたから」といった事から、未経験でも転職に成功しやすいタイミングとして、20代の間に決断をして転職活動をされる方が多いですね。

またMRとしてある程度の年数キャリアを積まれた方も多く、転勤のタイミングで転職を決断しました、という方も多いです。

MRの転職理由として「転勤」は多いんですよね。薬剤師資格をお持ちの方は、その資格を活かして転職しやすいですから転勤のタイミングで薬局などで働く事を考える方は多いようです。

その際、ネックとなるのが年収です。一般的にも知られていますが、MRの給料・年収は高いです。中には年収1,000万円を超えている方、もしくは近い年収まで上がっている方もいるかもしれません。とはいえ、多くの方は年収600万くらいではないかなと思います。

薬剤師の年収はMRの年収と比べると、一般的には低いです。調剤未経験となると、さらに年収が下がる事は覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。

ただし、交渉の仕方やご本人の性格、熱意など総合的に判断されて、年収維持(といっても500万~600万が良い所かと思います)に成功できる場合もあります。

MRとして培ったコミュニケーション能力は、薬剤師として働く際にも評価されるでしょう。自己PRとしても押し出して良い部分かと思います。

MRから薬剤師への転職、オススメ人材紹介会社

こうした情報は、MRから薬剤師への転職支援も行う薬剤師紹介会社に問い合わせをされる事をおすすめします。
例えば、

ファルマスタッフ

「MR経験者は、実は在宅業務に向いているんです」調剤未経験MR職から在宅薬剤師への転職、と言った事でMR経験者が転職した事例などもあります。
それまでのMRとしてのキャリアを活かした転職、調剤薬局への転職も含めて相談する事が出来ます。

リクナビ薬剤師

は転職成功事例として、MRから調剤未経験へのキャリアチェンジも掲載していますから、非常に参考になる話が聞けるのではないでしょうか。

他には、

なども調剤未経験でも応募可能な調剤薬局の求人を多数掲載しています。こうした薬剤師紹介会社を活用して、転職の可能性を探してみてはいかがでしょうか。

MRから薬剤師へ転職する理由

元MR、という方も実は多い薬剤師

その理由としては多いのは、やはり「薬剤師資格を活かして働きたい」からというものです。

元々高給与・高年収なMRの仕事は薬局開業の資金を得るため、という薬剤師の方もいますね。

今はMRにとって逆風となる業界の状況ではありますが、数年前はMRは高給与が実現しやすい花形の営業職として職業ランキングなどでも上位に常連の職業でしたからね。

20代でMRとしてガッツリ働き、資金を得て調剤薬局へ未経験から転職し、薬剤師として経験を積み開業、といった方のケースも。

現状では、これからの製薬業界の先行きを考えて薬剤師として安定して資格を活かして働きたい、といった転職理由。

患者さんに貢献出来る薬剤師を目指したい、といった転職理由から薬剤師へ転職される方が多いのではないでしょうか。

MRは営業職です。
医師が相手の専門性の高い営業職、とはいってもやはり売上げが上がらず苦しい時期もあるでしょう。
医師、コメディカルに頭を下げるのが実は辛い、そうした悩みをもつ薬剤師MRの方もいるのではないでしょうか。

転勤無しで働けるから、といった事が一番の転職理由という薬剤師の方もいます。

いつかは薬剤師として転職しようと思っていた
そうした方も多いのでは、と思います。

MRから薬剤師への転職は、歓迎される事も多いです。
年齢にもよりますが、20代、30代、40代くらいまでは十分に転職は可能といえそうです。

それ以降の年齢であっても転職の可能性はあるそうです。
(希望の年収など待遇が大きく影響するということです)

受け入れてくれる調剤薬局があるかどうかは、その時々の求人状況によりますので先ほどご紹介したような人材紹介会社にお問い合わせをされるのが確実でしょう。

⇒ MRから薬剤師への転職、オススメ人材紹介会社

MRから薬剤師への転職が歓迎される理由

元MR、薬剤師への転職が歓迎される大きな理由は、コミュニケーション能力の高さと言われます。

医師や病院スタッフへの気遣いは欠かせませんし、他者MRとのやり取りも気を遣う事このうえありません。

そうして磨かれたコミュニケーション能力は、患者さんとのコミュニケーションにも役立ちますし、薬局内スタッフとのやり取りも円滑に取れるのではないでしょうか。

またMRとして培った専門知識も強みです。

患者さんとのコミュニケーションはこれからさらに欠かせない、と言えます。

医師とコミュニケーションを取る能力もアピールすることが出来ますね。
医師へ情報提供するために医薬品に関しての知識も深いですから、それも強みです。

そうした部分をアピールすると、調剤未経験であってもMRから薬剤師への転職でも成功率を高める事が出来るのではないでしょうか。

実際に薬剤師求人サイト、薬剤師を専門とする人材紹介会社を見てみると、

MR経験のある薬剤師さん歓迎

MR出身の薬剤師さん歓迎、活躍中!

といった調剤薬局が意外と見つかるのです。

MRから薬剤師への転職を目指す方への需要は確実にあると言えます。

これから薬剤師への転職を目指して転職活動をされるMRの方は、人材紹介会社を利用してまずは情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

在職しながら転職活動を進めていく事が出来ます。

⇒ MRから薬剤師への転職、オススメ人材紹介会社

調剤未経験でも転職出来る

20代はまだ未経験でも熱意や志望動機次第では十分に、調剤未経験でも転職成功するケースが多いと言います。29歳はそういった意味で区切りと言っても良いかもしれません。

30代でも未経験で薬局へ転職できる方もいますが、やはり面接などで難しさを感じると言います。不採用通知を受ける数も多いようです。

ちなみに、中には調剤未経験である事を評価する場合もあることをご存じでしたか?未経験者であるが故に、変な調剤の癖がないですよね。そこを評価される場合もあるんですね。

また、MRとしての経験からコミュニケーションに優れている方が多いですから、そこも評価されるケースが多いです。お客様対応はとても大切ですから、そうした能力は歓迎されます。

MRから調剤未経験、調剤薬局への転職も自己PR、志望動機によっては20代、30代でも十分に可能性があると言えます。先ほどご紹介したような薬剤師紹介会社を利用して、調剤未経験を募集している調剤薬局からの求人を探してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロdodaのエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ