MRから薬剤師へ転職、意外と多い?

MRから薬剤師資格を活かして転職したい

このページをご覧頂いているあなたは、薬剤師資格をお持ちのMRの方でしょうか?もしかしたら、何らかの理由でMRから転職しようと考えているのかもしれません。

MR薬剤師としての転職先は、色々あります。せっかく薬剤師という価値のある資格がありますから、薬剤師免許を活かして働きたい、という気持ちが強いのではないでしょうか。

もしMR薬剤師として転職をお考えであれば、そうした転職活動でも求人が得やすいおすすめの薬剤師転職サイトがあります。後ほど、記事の終わりでご紹介したいと思います。

MRから薬剤師として転職する場合の転職理由

MRとしてお仕事をされていた方が、薬剤師として転職を考える場合の転職理由で多いのは、

といった理由です。

MRの仕事が辛い、キツイから薬剤師として転職しようかな・・・と考える方は、実は一番多いそうです。

楽な仕事はありませんが、仕事によってそれぞれの大変さの質が違いますからね。薬剤師の仕事も楽ではありませんが、転職を考える方は多いと言います。

次に多いのは、転勤したくないから薬剤師として転職するというものです。MRは全国転勤が基本ですから、単身赴任か家族ごと引越、ということになりますが、これを嫌ってMRを辞める方もいます。子供の学校の問題、親の介護など色々な事情がありますから、引越が出来ない場合もあるでしょう。

そうした時、薬剤師資格は大きな力になりますね。転職先を探す時に非常に有効です。

MRとして数年働いて、薬剤師として転職するケース

例えば、MRとして数年働いて、薬剤師へ転職するというパターンもあります。実はこのパターン、意外と多いようです。

MRは高給与が得られる可能性が高いですから、最初から資金集めのために数年間頑張って働こう!といった事で目的を達成した後に退職、パートナーと薬局を新規開設するといった方もいます。

若いうちに年収1,000万円を超える可能性がある職種ってそれほど多くは無いですよ。年収1,000万円は無理でも、600万とか800万とかは実現の可能性が高いです。仕事はもちろん楽ではありませんが、目標があればこそ実績を残される方は多いと言います。

薬剤師資格を持っていれば、ブランクがあっても調剤未経験であっても、少し時間はかかるかもしれませんが、転職先を見つける事は可能です。

薬剤師として業務をするにあたり、かなり忘れている事もあるでしょうから勉強は必要となりますが、知識に関しては勉強すればキャッチアップすることは十分可能です。

また、MRとしてコミュニケーション能力が鍛えられていますから、そうした部分で顧客と関係を構築することも、新たな職場では期待されるでしょう。

通常の薬剤師には無い経験、スキルがあるということで採用されるケースもあると言います。最近、薬学部出身のMRも増えていますから、こうした転職の動きは今後も増えていくのではないでしょうか。

薬剤師資格を持っている場合、MRから薬剤師に転職するという道を途中で選択することも出来ます。そういった意味で、国家資格の有資格者として精神的に余裕を持ちながらMR職として仕事をすることは出来るのではと思います。

MRから薬剤師転職 おすすめ求人サイト

MRから薬剤師として転職をする場合、調剤未経験であるとか、そもそも薬剤師としての勤務経験が無いという方も多いでしょう。薬剤師求人の中には「未経験歓迎、ブランクあり歓迎」の求人募集も多いですから、そうした求人を中心に探されると良いでしょう。

「未経験歓迎、ブランクあり歓迎」の薬剤師求人が多く見つかるおすすめの薬剤師求人サイトとして、

などをおすすめしたいと思います。

いずれも求人数が豊富で転職先探しに心強いサポートをしてくれますが、当サイトからはリクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師へのご登録が多いですね。

MRから薬剤師資格を活かして転職をお考えの方は、ぜひ利用を検討してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ