医師の情報入手元 MRの役割の重要性

変化するMRの役割

MRの役割は、「医師や薬剤師に対して、自社製品(医薬品)の適正な使用情報や副作用情報、海外での処方例や各種データの提供、新薬の宣伝活動などを行う」事です。

そして近年、MRに求められる役割もより高度化(専門化)してきており、変化が求められていると言われています。

接待の禁止以降、営業方法に戸惑った方も多かったと思いますが、実際、医師との関わり方が変わってきたと感じているMRの方も多いのではないでしょうか。

これからMRとしてさらに会社の売上げに貢献し、医師にも情報提供を行うためにどういったMRを目指して行くと良いのでしょうか。

多くの製薬会社も主力医薬品の特許切れに伴い、売上げ減少、もしくは停滞している状況が続いています。その結果と言って良いのか分かりませんが、大手製薬会社のMRは若干減少傾向にあります。

さらなる売上げ減少(利益率悪化)ともなれば、比較的不況にあっても安定していると言われてきたMRであっても、リストラされる可能性も否定できません。企業にとって利益を確保するためには、人件費を圧縮するのは常套手段ですから、場合によっては避けられないでしょう。

そうした状況の中でもMRとして生き残っていくためには、やはりお客様のニーズにしっかりと応える事が出来、結果として売上げを上げる事ができるMRになっていく必要があると言えるでしょう。

ここ最近の製薬会社からのMR求人、中途採用に関する情報をチェックしていると、

など、専門領域での募集が目立ってきているように感じます。

特に武田薬品工業が専門領域別にMR強化に方針を切り替えましたし、最近で言うと小野薬品工業もオンコロジー領域の専門MRを採用強化する事を言っています。

今後の方向性として、MRのキャリアアップでは専門領域を持つ事はとても大切になってくるでしょう。

MRはまだまだ医師の情報源

最近では医療系ポータルサイトの情報も充実してきており、情報提供に関しての役割が取って変わられるのでは、と思われている方も多いかもしれませんが、まだまだMRが医師に状況提供を行うという役割は重要です。

忙しくて医療系ポータルを見る暇も無い、という医師も多いですし信頼関係のあるMRが持ってくる情報を重視している医師も多いでしょう。

医師のニーズを読み、さらに情報を補完するために動けるMRはやはり信頼されていきます。日常の診療で困っている事をサポートする事も出来ます。

医療系ポータルは自発的に情報を取りに行く必要があります。どんなに医療系ポータルが充実したとしても、そこはMRの方が有利な点である事には変わりは無いでしょう。

各製薬会社でどういったMRが求められ、中途採用が行われているかと言った情報もMR転職エージェントは持っています。もしキャリアアップのためのMR転職も選択肢としてお考えになる場合には、こうしたMR転職エージェントを利用される事をおすすめしたいと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ