MRの育児休暇に関して

MRとして働く女性へ

女性MRが増えているそうです。

MRとして働きながら、育児休暇を取得して現場へ復帰する。
そうした働き方を実現する女性もいます。

結婚、出産は女性の大きなイベント(男性もですが)ですが、そこで仕事を続けるか、どうするかで悩む女性も多いのが現実です。
職場の環境にもよりますが、現実的にはまだまだ育児休暇を取得して長期間休むのが難しかったり、自分自身、長期の休暇後に仕事にそれまで通りに復帰できるかどうかが不安、と言ったこともあって悩みを抱えてしまう場合が多いようです。

製薬会社の多くは、育児休暇制度を設けています。
実際に育休を取得して復帰した先輩もいるはずです。

もし同じように悩みを持っていたり、心配がある場合には相談してみると良いと思います。
世の中には仕事と育児を両立して働いている方はたくさんいます。

もちろん仕事と育児を両立するためには周囲のサポート、とりわけご主人のサポートは重要です。
あとは職場も協力的な雰囲気である事も重要なポイントですね。
どうしても急に帰らなくてはいけないこともありますし、残業も基本的には出来なくなります。
仕事をお願いする場面も出てくるでしょう。
そうしたときには素直に仕事をお願いする姿勢も大切です。

育児とMRの仕事に関して

育児を経験した立場としては、男性もぜひ積極的に育児に関わると良いと思います。

意思の疎通がまだ難しい赤ちゃんの時期は、見方を変えれば交渉術を鍛える絶好の相手です。

駄々をこねる息子(娘)をいかに機嫌良くして、ご飯を食べさせたり、着替えをさせたり、寝かしつけたり・・・。
大人を相手に商談を進める方がこれは楽だ!と思う場面も多々あると思います。
それくらい、手強い存在です。

育児に積極的に関わることで、今までの自分になかった能力に気づくこともあるのではないでしょうか。
もちろん親として、人間に深みも出てくると思います。

自分たちの扱っている製品が、同じように親を救うこともあるでしょう。
親を亡くす子供達は、やはり可哀想です

MRとして仕事をしていく中で、そうした悲しい場面を知らずに救っているのかもしれません。
そう考えると、また仕事をしていくモチベーションも上がってくるのではないでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ