新薬に関しての文献提供は重要

ドクターが興味のある情報を普段から情報収集する

MRとしての訪問活動の際に、ドクターへの文献提供を行っている方も多いと思います。

ドクターの方でも自分では忙しすぎて情報を探している時間が無い方も多いですから、こうした文献提供を嬉しく思っている方も多いです。 しかし、それは持ってきてくれる文献が、自分が求めている文献であった場合です。

せっかく文献を調べて持って行くのですから、ドクターが興味のある情報を普段から情報収集しておき、持参したいですね。

ちらっと載った論文を持っていってもインパクトに欠けるでしょう。

ほんの少し薬品名が載る程度の論文であれば、かえって持って行かない方が良いかもしれません。

日本の医師は、とても働いています。

時間がありません。

ですから、薬に関して自分から積極的に情報を集めて吟味する時間もあまり無いと言われています。

ですから、薬剤情報に関しては信頼できるMRや薬剤師から情報を得ているという方も多いです。

もし薬剤に関して質問をされた場合には、確実に答えられるようにしておきたいですし、もし分からない質問やデータが必要な場合には、できる限り早く情報をそろえて提供するようにしましょう。

こうした際のスピードは速いほうが印象は確実に良いですよね。

特に新薬に関しての情報はドクターとしてもありがたいと感じる事が多いと言います。

MRは一時期は接待が仕事、みたいなイメージも持たれてしまっていましたが、情報提供が本分。

しっかりとドクターに対して、必要な情報を提供することで、次第に信頼関係が築かれていきます。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ