信頼関係のある医師の存在があります

MRとして営業の数字を上げるには?

MRとして営業活動を行う以上、会社の売上げ(数字)を背負うことになります。

1年目からある程度、売上げ目標を持つか、2年目からいくのかは上司及び会社の方針ですので、中途採用される際に確認されると良いかもしれません。

先の記事「ドクターがMRに望むもの」でも書いたのですが、多忙で日々プレッシャーの多いドクターは、正直なところ商品説明、自社の薬のPRに辟易していることが多いです。
たとえ顔に出さなくても、そう思っているものです。

一応、今までの付き合いもあるし、もしかしたら新しい情報があるかもしれない、というほんの少しの期待を込めて面談をしているのが実際ではないでしょうか。

その上で、対話が出来るMRの来訪を待っています。

医師は必要があれば薬に関して質問してくれます。
質問してこないのは、現状、必要が無いからと考えても良いかもしれません。

成果を残している先輩MRは大抵、信頼関係のある医師の存在があります。
どのようにコミュニケーションを取っているのか、勉強させてもらうと良いかもしれません。

MR1年目であれば、同行させてもらいやすいと思います。

製品の研修を行い自社製品について勉強する事も重要ですが、医師とのコミュニケーションの取り方、信頼関係の作り方についても同様に重要と言えます。

教えてもらいやすい時期に、しっかりと聞いておくと良いのではないでしょうか。
その中で、日頃どんな広い医療業界のどこに重点をおいて勉強しておくと良いか、なども自分なりに見えてくると思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ