ドクターがMRに望むものって?

コミュニケーション力が大切です

ドクターがMRに望むものとして常にあるのは、コミュニケーション力と言われます。

コミュニケーション力です。
空気を読む力、といっても良いかもしれません。

昔よりも面談時間が短くなっている中で、売上げの数字を持っているプレッシャーも手伝って、どうしても自社製品のPRにつなげよう、という意識が出ることは仕方の無い事かもしれません。

しかし多くのMR、医療機器営業と面談をしている医師にとっては「またか、聞き飽きた・・・」という時間になってしまう可能性が非常に高いです。
身を乗り出して聞いてくれそうなトピックスを持って行ける事も、そうそう無いでしょう。

MRとして自社製品、医薬品を使ってもらうためには、まずは信頼関係の構築が必要となります。
これは先輩MRに聞いたとしても、同じような答えが返ってくるでしょう。

そのためには、短い面談時間の中で、ドクターと対話ができるようにならなければなりません。

ドクターが今困っている事、欲しい情報、出席したいセミナーなどを対話の中から掴み、次回の面談で情報提供をする。
この地道な積み重ねによってさらに対話が広がり、次第に医薬品の話になっていく事もあるでしょう

周囲のスタッフとも対話しましょう

医師は立場によって困っている問題、課題、悩みが違います。
医療行為の訴訟リスクもあるでしょう。

特に開業医であれば経営に関すること、資金繰りや、看護師などスタッフの中途採用に関して悩んでいることも多いです。

忙しいドクターとの面談だけで多くの情報を得ることは難しいため、おすすめなのが周囲のスタッフとも対話をすることです。
医局に出入りしているうちに話をする機会もあるであろう医局秘書や、他の講師、研修医とコミュニケーションを取ることも大切です。
特に研修医は将来的に講師になったり、ゆくゆくは教授になる事もあるでしょう。
ターゲットとしているドクターだけではなく、その周辺の人たちともコミュニケーションを取れるようにすることは、とても重要なことと言えます。

病院であれば、薬剤部、用度課も話を聞けるかもしれませんね。

多忙なドクターから信頼を得るためには、地道な積み重ねが必要と言えます。

そのうちにドクターから薬剤のエビデンス、副作用などについて質問が出てくるかもしれません。
そうしてからも売り込みではなく、情報提供を心がけることが重要です。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ