女性MRの働き方としてコントラクトMR(CMR)が人気

既婚女性MRに人気のコントラクトMR

女性MRも年々増えてきている、というデータがあります。

実際現場でも活躍されている女性MRを見る機会も増えているのではないでしょうか。

ある程度キャリアを積まれてきて困るのが、転勤だと言います。

特に結婚されてから後は、転勤せずに同じ地域で働く事を希望される方は多いです。

こうした理由から転職を希望される女性MRの間でコントラクトMR(CMR)として働く事が人気となっています。

コントラクトMR(CMR)として働くには、MRの業務派遣業を行うCSOに転職をする必要があります。

CSOで働く事に関しては、メリット・デメリットと両方あります。

CSOで働くメリット

コントラクトMRとして働く事のメリットです。

【勤務地を選びやすい】

転勤できない理由がある、というMRの方は意外と多いと思います。

  • 夫と同じ地域で働きたい
  • 親の介護があるので転勤できない
  • 子供には転校を何度も経験させたくない

などが代表的な理由となりますでしょうか。

とはいえ、男性MRであれば辞令は断りにくいもの。単身赴任で何年も現地で仕事をするケースも少なくありません。

しかし、CSOに転職し、コントラクトMRとして働く事で勤務地の希望が通りやすくなります。

ですから、転勤無しで働きやすいですし、もし仮に夫が転勤になったとしてもその転勤先地域で仕事をしやすい事もメリットに挙げられると思います。

CSOは取引先の製薬会社も多く、製薬会社は全国各地で営業を行いますから多くの地域でCMRとしての仕事も見つけやすいと言うことになります。

メーカーMRと比べて、働く自由度は高いといえるでしょう。

【色々な領域の仕事を経験出来る】

CSOでの仕事は、期間限定での仕事が多いです。色々な領域、色々な製薬会社での仕事を経験する事が出来ます。

そうした短期間での様々なプロジェクトを通して経験を積み、そこから自分が本当に興味を持ってやりたい領域の仕事を見つける事も可能です。

とはいえ、これからのMRはより専門知識をもった人材が歓迎される流れになっていますから、ある程度の年齢で専門としたい領域は見極めたいところではあります。

CSOで働くデメリット

コントラクトMRとして働く事のデメリットです。

【条件面で劣るケースがある】

例えば転勤したくない、といった理由から製薬会社MRからCSOに転職した場合、給料面など待遇・条件面で劣る事もあります。

そのあたりは事前に了解しておくことが必要でしょう。

もちろん給与など維持して転職できる事もあります。それまでの実績などが評価の対象となれば、そうした交渉も可能ではないでしょうか。

【契約期間以上に仕事が出来ない】

CMRとして契約期間の縛りがありますから、もし継続してこの仕事に関わりたい!と思ったとしても契約期間が終われば、仕事に関わる事は出来ません。

これは色々な仕事を経験出来るメリットの裏返しのデメリットとなります。

【人員削減の対象となることも】

あまり聞かないケースではありますが、契約によって派遣されますから、仮に製薬会社が人件費削減に動かなければならないときに、リストラ対象とされる可能性が高いです。

【プロジェクトが無い場合、待機になる事も】

地域にもよりますが、プロジェクトが無い場合には待機になる可能性もあります。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ