後発医薬品メーカーへの転職

後発医薬品メーカーへのMR転職

ジェネリック医薬品の市場が伸びています。

患者として病院、調剤薬局などへ行ったことのある方の中には、薬剤師から「ジェネリック医薬品(後発医薬品)を処方してもよろしいですか?」などと聞かれた経験のある方も多いのではないでしょうか。

そうなんです、多くの調剤薬局は処方箋の内容として、医師からの指示に「ジェネリックへの変更不可」が無い場合には、ジェネリック医薬品の処方をするようにしているんですね。これはどうやら病院内薬局も同様の動きのようです。

その背景には「調剤体制加算の強化」があります。

簡単に言うと、ジェネリック医薬品を使えば使うほど収入が増えるということ。であれば、処方しますよね。

実際、こうした「ジェネリック医薬品を優先的に処方する」事に、私は何度も(複数の調剤薬局で)経験しています。もちろん「新薬でなくちゃイヤだ!」といったこだわりはありませんから、特に断る理由はありません。同等の効果が見込めますからジェネリック医薬品を処方してもらっています。

上記のように、私と同様に薬剤師さんからジェネリック医薬品への切り替えを言われた場合、素直に切り替える患者が大部分でしょう。薬の値段も安くなりますしね。

こうしたこともあり、後発医薬品メーカーの業績も伸びているそうです。

日医工、沢井製薬、東和薬品などは日系ジェネリックメーカーとして知名度も高いでしょう。テバ製薬、サンド、マイラン製薬など外資系ジェネリックメーカーも躍進しています。

医療費抑制のためにも後発医薬品を使いたいという国策もありますから、まだこの勢いは続くと考えて良いのではないでしょうか。

後発医薬品メーカーのMR中途採用情報

MR求人に関して情報収集をされている方は、こうしたジェネリックメーカーからのMR中途採用に出会ったことはありませんか?MR転職エージェントから情報提供されたことがある方もいるのでは、と思います。

各後発医薬品メーカーも業績が好調なところが多く、新薬製薬会社のMR中途採用が渋いのに対して、積極的にMR募集を行う企業も増えているようです。

そういった意味では、後発医薬品メーカーへの転職を検討するのであれば、今は転職するには良い時期といえるかもしれません。大手製薬メーカーもジェネリック事業に力を入れ始めている所が増えています。

とはいえ給料、年収はじめ待遇面ではまだ新薬製薬会社の方が分が良い場合が多いと言って良いでしょう。

これまではジェネリック医薬品メーカーの弱点として言われてきた情報提供力の弱さ。情報提供力の弱さとは、MRの人数の少なさも直接的に関係しています。

この弱点を補強するために、業績好調な後発医薬品メーカーは積極的にMRの中途採用を行う動きを見せていると言って良いでしょう。業績の伸びと共に、待遇面でもさらに改善されていくことも期待できるでしょう。

後発医薬品メーカーへの転職に関しての情報も、MR転職サイトを活用し、得る事が出来ます。当サイトから最もご登録が多いMR転職サイトはこちらでご紹介しています。

新薬メーカ-、後発医薬品メーカーそれぞれのMR求人に関して、随時情報を得ながらMR転職の選択肢を検討されると良いのではないでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ