新生児領域専門MR

新生児領域専門のMRに転職するには

MRの専門領域として、新生児領域専門MRがあります。

新生児領域を担当するMRの中途採用では、大体3年もしくは4年以上のMR経験を応募条件とする場合が多いですね。

新生児治療を行う病院は、やはりNICU(新生児集中治療室)のある、地域の大学病院や基幹病院となります。ですから、必然的に大学病院担当、基幹病院担当としてキャリアを積んで行く事になります。大手基幹病院担当、大学病院担当MRとしての経験者は歓迎されますね。

もちろん経験が無くても、自己PR、志望動機、職務経歴書などでアピールし、中途採用を狙うことは可能です。そのためには、新生児領域専門MRを募集している製薬メーカーの過去の採用実績や中途採用で重視するポイントなどを知ることは重要でしょう。

それぞれの製薬メーカーの企業風土や好んで採用されるMR像と言うのは、やはりあると思います。上記のようなMR求人に関する情報を得るには、MR転職を専門とする人材紹介会社の活用が欠かせません。

情報量が豊富な紹介会社を利用することで、転職を成功させるために必要な情報を効率良く得る事が出来るようになります。

KOL担当としてキャリアアップできる可能性も

新生児領域専門MRとして経験を積んでいくと、大学病院担当、KOL担当としてキャリアアップを狙える可能性もあります。

医療業界で他の医師はじめ、多方面に影響力を持つ医師であるKOL(Key Opinion Leader)。KOLの存在は製薬メーカーにとっても重要な存在ですよね。KOLとの良好な関係を構築することは、重要なミッションとして挙げている製薬メーカーはとても多いと思います。

専門領域MRとして活躍していきたい方にはオススメの専門領域ではないでしょうか。

新生児領域専門MRの中途採用、求人に関しての情報を得たい方は、こちらでご紹介しているMR転職サイトを活用してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ