プライマリーから専門領域MRへ転職したい

MRとして、今後のキャリアが不安

プライマリーケア領域に携わるMRとして、日々売上げ拡大のためにお仕事を頑張っている方はとても多いと思います。

製薬会社の売上げ規模として、スペシャリティケアよりも対応疾患が非常に広範囲となるプライマリーケア領域の方が大きい会社は多いですよね。

勤務する企業によっては、領域に関係なくプライマリーMRとして営業活動を行われている方も多いでしょう。

しかし、毎日が忙しいほど時々不安になってしまって・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こうした不安を感じるMRの方は少なくないようです。

勤務する製薬会社によっては、新薬販売の機会がなかなか持てなかったり、この先も新薬上市の予定が無かったりもします。実際、MR転職エージェントを利用される方の多くは、こうしたお話をされると言います。

転職市場で評価されやすいのは、専門領域MR

この先も医薬品業界で仕事をしていくためには、専門性を身に付けた方が良いのではないか。

実際、そうした雰囲気はありますよね。これからMRも淘汰されていくといった記事も時々見かける事もありますし、実際に読まれた方も多いでしょう。

より専門性を身に付けられる仕事をしていきたい。そのために、プライマリーMRとして領域問わず医薬品を扱っている今の働き方は卒業し、オンコロジー領域や中枢神経系、消化器系、C型肝炎領域、ワクチン、バイオ製剤など専門とする領域を持って、特化して働きたい。

そういった転職に関してのご希望をお持ちのMRの方は、情報収集だけでもされる事をおすすめしたいと思います。

実際、MRの中途採用に関しては、専門領域MRを募集する場合には、その領域での経験年数2、3年以上とする即戦力を募集する場合が多く、プライマリー経験者歓迎といった場合は少ないのが現状です。

そうしたMR転職市場の中にあって、数少ない(やる気のある)プライマリーMRからの応募も歓迎する専門領域MR求人の情報を知ることはとても重要です。

プライマリーMRとしてもどういった仕事・スキルが評価されていくのか、どういったMRが転職成功しやすいのか、といった情報をMR転職エージェントから得るだけでも、日々の仕事への取り組み方が違ってくるのではないでしょうか。

時々ですが、新薬メーカーからMRの大量採用もあります。こうした情報を少しでも早く入手したいのであれば、業界の転職情報に精通したMR転職エージェントの活用は必要不可欠と言えるでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ