MR経験者が新薬製薬メーカーへ転職するには

新薬メーカーが求めるMRとは?

新薬メーカーへの転職は、やはり希望者も多く求人案件としても人気が出やすいのだそうです。

より専門性の高いMRとして、新薬を扱ってみたい、ということで、MSからMR転職を志したり、ジェネリック医薬品メーカーや中小規模の製薬会社MRとしてお仕事をされている方が、ステップアップとして新薬メーカーへの転職を希望されたりといったケースがあると言います。

もちろん転職成功される方も多いのですが、残念ながら不採用となってしまう方も多いです。

新薬メーカーへの転職はやはり難易度が高い場合が多いため、特に自分自身で応募をすると適切な対策が出来ていないこともあるために、不採用になってしまう事が多くなるようですね。

製薬会社からのMR求人も増える時期となってきましたが、売り手市場の傾向が見られる状況であっても、新薬メーカーとして採用したいのは「成果の再現性のあるMR」です。

新薬上市のタイミングでMRを多く採用、確保したいといった状況では普段よりも採用されやすい事もあるかもしれませんが、そうしたタイミングはなかなか無いものです。

しかし稀にありますから、タイミングを逃さないためにもMR転職エージェントを利用されると良いでしょう。情報をもらう事が出来ます。

こうした大量募集は直前まで伏せられている事もありますから、気付いたら募集が終わっていた、とならないように情報を得られるようにしておくと良いでしょう。

MR転職支援を行う人材紹介会社も多いです。良い求人が出てきたら転職を考えたい、といった登録でも問題ありませんから、MRとしてより専門性を高めたい、新薬メーカーで働きたいといった希望をお持ちの方は、MR転職エージェントに登録をしておく事をおすすめします。

新薬メーカーへの転職で重要なのは、成果の再現性

即戦力として活躍できる下地がしっかりあるかどうか。新薬メーカーがMRを中途採用する大きな理由としては、「営業力の強化」が挙げられます。

欠員募集という場合もありますが、それよりも営業力を強化したいために採用活動を行う事が多いと言います。これを新薬メーカーへの転職の際には、今まで実績を出した際の要因を分析し、論理的にアピールしていく必要があります。

もう一つおすすめの方法としては、新薬を扱った実績を積むことです。コントラクトMRから新薬メーカーへの転職実績も増えています。新薬メーカーのMRとして中途採用される事は、確かにハードルが高いのですが、コントラクトMRとして新薬のプロジェクトに関わる事は、チャンスがあります。

CSOへと一旦転職し、経験を積んだ後に新薬メーカーへの転職を目指す。一見遠回りに見えますが、確実性は高いと現状では言えるのではないでしょうか。

新薬メーカーへの転職を目標とされるMRの方は、ストレートに応募するばかりではなく、他の方法も一度検討されると良いかもしれません。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ