MR転職は勤務地を限定しないと採用されやすい?

勤務地限定での転職は可能?

MRとして仕事をする場合、やはり転勤は付きものです。

勤務地は確かに大切です。ご家族がいるMRの方は特に今お住まいになっている地域から、あまり引っ越したくないでしょう。

自分一人ならまだしも、子供の学校、教育環境はとても大切にお考えの方も多いと思います。

もし転勤の辞令が出た場合には、転向による影響、引越による奥様への影響、生活費(住居費、物価、電気代など)、引越費用の負担なども含めて、色々な事を検討する必要があります。

どうしても引越を伴う転勤が難しい方もいると思います。特に家族の介護をする必要がある方は、事前に会社に申告をすることが大切でしょう。伝えていないと、それを知らずに人事が出る事になります。もっと早く(転勤が出来ない事を)行ってくれれば辞令は出さなかったのに・・・というケースも少なくありません。

MRとして転職活動をする際も同様ですね。転勤が出来ないので、勤務地限定での採用を希望するということになります。この条件での転職も全くムリではありません。これまでの実績やMR転職エージェントの交渉力にもかかってきますが、勤務地限定で採用されたMRの方も多くいらっしゃいます。

MR転職エージェントに転職に関する質問をした、こちらの特集記事もご覧になってみてください。

「Q.全国転勤が基本の製薬企業で働きたいが、事情があって転勤無しで働きたいといった場合、交渉してもらう事は可能ですか?」

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

それか、転勤無しで働く事が可能なコントラクトMRとして転職をするという選択肢もあります。しかし、やはり採用されやすいのは全国転勤が可能なMRとなります。

関西よりも関東のMR求人の方が多い

製薬メーカーのMR求人を調べていると、やはり東京を始めとして関東エリアの方が求人数が多いなという印象を持たれると思います。他職種となりますが、臨床開発モニター(CRA)など治験関連の仕事は特にそうでしょう。

事実、本社を東京などに置く製薬メーカーは多く、言い換えると本社機能が関東に集まっている事から人材も手厚く配置されることになります。

東京は最も重要なマーケットですし、病院数も多いです。MRも当然多く配置されるでしょう。札幌、福岡といった地方にお住まいのMRの方も東京本社に配属される可能性もあります。MRとしてより大きな経験を積めるのは、やはり東京です。

本社としては、人事は全体を見て決めたいと考えています。こうした経験を積ませるには、こちらの営業所が良い、昇格させたいが今の勤務地ではポジションがないので、あちらの支社で打診してみようなど、会社としても様々な事情があります。

もし転勤が可能であれば、転勤可能として転職活動されると非常に幅も広がりますし、今まで考えていなかった自分の可能性を見つけられる事もあります。

MRとして専門領域を持ちたい方は特に、勤務地を限定すると応募先も限定されますから難しくなる事もあるでしょう。製薬会社のMR中途採用の可能性、転職成功の可能性を高めるには、やはり転勤可能な方の方に軍配が上がります。

転勤可能、勤務地限定。いずれにしても、転職を成功させるためには、交渉力の高いMR転職エージェントを利用する事が大切かと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ