眼科の市場は2,000億を超えているとされ有望な市場の一つ

眼科領域のMRの役割

眼科領域のMRとして転職したいと希望をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

専門的な領域をもって仕事をしていくことは、より専門性を求められていく中で、今後もMRとして長く活躍する上で重要といえそうです。

眼科の市場は2,000億を超えているとされ、有望な市場の一つとして考えられています。

眼科領域のMRとしての仕事は、大学病院の眼科ドクター、クリニック医師、薬剤師へ点眼液、医療用医薬品の情報提供、同時に情報収集を行います。

製薬会社の代表として医師、薬剤師とコミュニケーションを取るMRの役割はとても重要ですよね。

専門性が高い領域でありながらも、あまりMRからは人気が無いとも言われる領域です。

だからこそ、キャリアを積み、多くの知識、経験を持つMRは医師とタイアップを行う機会も持ちやすい領域となるといえるでしょう。

希望者が少ないと言うことは、大学、基幹病院をメイン担当として仕事をしやすいかもしれません。

実は狙い目かもしれませんね。

眼科領域のトップ企業は参天製薬。

実は参天製薬の中途採用を狙って転職活動を続けている、というMRの方もいらっしゃるかもしれませんね。

眼科領域の製薬企業

眼科のMRとして求人を探す場合、やはり眼科領域の製薬企業を狙う必要がありますから、ある程度限られてきますよね。

先ほどの眼科領域トップの参天製薬。

そして、ファイザー、日本アルコン、ノバルティス、バイエル薬品、大塚製薬、ロート製薬会社、千寿製薬、塩野義製薬といったあたりとなりますでしょうか。

高齢者が増える症例も増えますので、眼科領域では今後も伸びが期待されています。

特に緑内障でしょうか。

緑内障治療薬、加齢黄斑変性症などを始めとして治療薬の市場が拡大していると言います。

緑内障は成人日本人における視覚障害の原因として、第一位の疾患。

今後も症状を抱える方は増えると考えられており、情報提供を行うMRも非常に重要な役割を果たすことになるでしょう。

眼科領域のMR求人を探すのであれば、

MRの転職支援サービス【DODAエージェントサービス】

リクルートエージェント

などの紹介会社を利用されると良いと思います。

参天製薬を始めとして、眼科領域の製薬企業からのMR求人は、時期によって見つかる場合、見つからない場合とありますから、ある程度の期間を見て転職活動をされる事をおすすめします。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ