新薬メーカーMRを目指す時の転職サイト

新薬メーカーへの転職で利用したい転職サイト

MRとして働くからには、「より高い専門性のある製品を扱いたい」ということで新薬メーカーへ転職を目指すMRの方、MR志望の方も多いのではないでしょうか。

新薬メーカーへ転職を希望される際に活用して頂きたい転職サイトとしては、

をご紹介したいと思います。

新薬メーカーで働く事は、MRとしてとても良い経験を積めるはずです。

もちろん仕事の厳しさも増すと思いますが、それ以上に身につくことも多いでしょう。

そうした希望プラス「福利厚生が充実しているから」「高年収が期待できるから」といった事も転職理由としてはあるのではないでしょうか。

新薬メーカーMRとして転職を希望される方は実際多いそうですが、なかなか狭き門なのが現実です。

MRに限りませんが、企業が中途採用を行うときは、即戦力を募集・採用したいと考えている場合がほとんどです。

採用基準としては「入社してすぐに活躍できるかどうか」を重視します。

その「入社してすぐに活躍できるかどうか」を新薬メーカーでは特に重視して採用選考する傾向にあるのだそうです。

ですから、ジェネリックMRなどで十分に経験、実績を持っていたとしても新薬MRとして、なかなか転職に結びつかない方も多いのだそうです。

ご自身で転職活動をしてみて、なかなか良い成果に結びつかない方はアピールの仕方や情報の見せ方を変える必要があるでしょう。

履歴書、職務経歴書の書き方に加えて、志望動機も見直す事で書類選考に通過しやすくなったり、面接してみたいと思わせる事ができるようになるケースは多いです。

MRの履歴書・職務経歴書の書き方のポイント

履歴書、職務経歴書の書き方などは新薬、ジェネリック、専門領域などそれぞれで書き方のポイントがあると言います。

MR転職エージェントでは過去の多くの事例から、書き方についてアドバイスも行ってくれますので、転職に煮詰まっている方はこうした転職支援も活用してみてはいかがでしょうか。

求人に関しても、それぞれの転職エージェントで独自案件を持っている事もありますから、複数利用される事も検討されると良いでしょう。

最近のMRは役割が細分化されてきていますから、新薬メーカーがMRに求める役割を突き詰めて考えて、それをアピールしてみてもいいのかもしれませんね。

一度CSO(医薬品販売業務受託機関)に転職して新薬プロジェクトに関わる事も、一見遠回りに見えるかもしれませんが有効な手と考えられています。

その理由は、新薬メーカーが新薬の営業経験を重視する傾向があるためです。

もちろん、新薬メーカーが増員するタイミングを逃さないようにする事も重要です。

そのために、冒頭でご紹介したようなMR転職エージェントの利用は欠かせないと言えるでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ