循環器領域でのMR中途採用

今後はより高い専門知識・経験を求められる

MR転職を目指すとき、希望領域がある方もいらっしゃると思います。

最近では領域別MRの導入をすすめている製薬企業も多く、今後もMRとして活躍していくためにはより高い専門知識、経験をもつことは有利になっていくでしょう。

また大学病院担当として実績を積むことも、今後もし転職する事を考えているのであればプラスとなるでしょう。

専門性、経験と実績があれば、40代であっても転職をすることは可能なのがMRという仕事。

どの製薬企業も売上げ実績を上げられる、部下をマネジメントできる人材は中途採用したいと考えているものです。

循環器領域にも注力する製薬企業

MRとして循環器領域で経験を積みたい方は、もしくは既に経験がありさらなるキャリアアップを目指して循環器領域に注力、主な研究領域としている製薬企業へと転職を希望される方も多いでしょう。

などの製薬企業が循環器領域を研究領域としています。

中途採用の場合には基本的には即戦力を採用したいと考えているために、循環器領域の経験者が優先的に採用される事が多いのですが、MRを大規模に募集をかけるタイミングもあり、そうしたタイミングでは循環器領域を未経験というMRの方にも転職のチャンスは大きく広がるといえるでしょう。

MR転職ではこうした製薬企業が増員募集をするタイミングを逃さないことも重要になります。

個人ではこうした情報を得るのはなかなか難しいのが現実ですから、MR転職支援を行っているMR転職エージェントを活用して、求人動向に関する情報をもらうようにすると良いでしょう。

MRの求人市場は今後もまだ伸びると考えられます。

新薬メーカーにおいては、市場の伸びが期待されるオンコロジー領域、循環器領域、糖尿病領域、中枢神経系などのMR経験者は高い評価を受けられそうですね。

また、いつの時代もそうですがマネジメント経験、リーダー経験を持つMRの評価は高い傾向にありますから、新たな職場を求めて転職をする事を考えている方も、詳しい職場情報を得るためにMR転職エージェントを利用されると良いでしょう。

また、領域別に見ていくと循環器領域はコントラクトMRの活用としても多いそうです。

MR未経験から将来的に製薬企業へ転職を目指す方は、CSOにまずは就職をして経験を積むという方法もあるのかもしれません。

キャリア展開についても多くの事例を持つMR転職エージェントは相談に乗ってくれるでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ