MR求人 時短勤務で働きたい

女性MRが抱える結婚・出産の問題

女性MRも増えてきていますが、どうしても多くの女性が直面する問題として、結婚・出産があります。

多くの企業が女性が長く働きやすい待遇・福利厚生を充実させており、昔よりも働きやすくなったとはいえ、数年休職することで仕事に復帰できるかどうかという不安。

育児中は長時間勤務は出来ない、ということから同僚への負担になる事への心配、遠慮などがありキャリアをそこで手放してしまう(退職)方のが多いのも事実です。

家庭と仕事を両立させるには、正社員では無理、という考えの方は多いでしょう

企業側としても優秀な女性MRが、そこでキャリアを手放すのは勿体ない、と考えています。

だからこそ、福利厚生を充実させているのですが、それであってもやはり仕事を続けることは難しいと考える方は多いです。

以前のパフォーマンスを発揮することは出来ない、と。

そこで最近注目されている働き方が、新しいワークスタイルである「時短MRとしての勤務」です。

時短MRとして働ける製薬会社が増えています

優秀なMRを確保したい製薬会社として、勤務形態の多様化に乗り出してきています。

せっかく育ってきたMRが退職する損失は非常に大きいです。

短時間勤務であっても働き続けて貰う事で、将来的に環境が整った時には再び通常勤務の正社員として活躍してもらう事も可能です。

時短であっても働いていますから、ブランクもありません。

家庭と仕事の両立が出来れば、働ける。むしろ働きたい。

そうした方も多いと思います。

【時短勤務MR】として働く場合、勤務形態は色々となりますが、例えば、

といった形で働く事も可能となります。

就業形態はそれぞれ異なってきますので、面接の際などに確認すると良いでしょう。

勤務日数に関しては調整が可能なことが多いようです。

直行直帰、自宅を中心とた施設を優先して担当可能、など人気のMR求人となっています。

そして企業側としても【時短ワークMR】として採用をスタートし始めています。

人気の高い時短MR求人、早めのエントリーを

まだまだ始まったばかりの時短勤務MR。

こうした時短勤務のMR求人はこれから増えていくと考えられます。

時短勤務MRの特徴として、希望勤務地のみでの採用もあります。

やはり子育てと仕事を両立したい女性MRが多いですから、転勤はそもそも無理

MRとしてそれまで経験を積んできている方であれば、資格が失効していても相談可能な場合も多いです。

未経験者は厳しいでしょう。

時短としての勤務ですから、より成果は問われると考えて良いでしょう

コントラクトMRなどとともに、有力な復職の選択肢になると考えられます。

MRとして復帰する事をお考えの方は、時短MRの求人に関しても、MR紹介会社に問い合わせをされてみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ