ジェネリックメーカーMRへの転職

ジェネリックMRの将来性について

ジェネリックMRとしての転職、という選択肢もあります。
しかし、将来的にジェネリックMRのキャリア、将来性ってどうなんだろう?と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

新薬の製薬メーカーに勤務した方が給料など待遇面はやはり魅力的な場合が多いです。
しかし、競争率が高く採用人数も少ないです。
さらには未経験者の中途採用はさらに少なく、非常に狭き門となっているのが現実です。

それに対してジェネリック医薬品を製造・販売している製薬会社の人気はまだそれほど高い、とはいえない状況です。
かつ採用意欲の高い製薬会社も多いため、現状では採用されやすいといえると思います。
その際、冒頭に戻りますが将来性などを考えて迷ってしまう方がいるのも現実ではないでしょうか。

将来性を考えるのであれば、医薬品業界全体の動向も考えると良いかもしれません。

医療機関(病院)の動向としては、経費削減のためにジェネリック医薬品に置き換える動きは進んでいると言えます。
後発の医薬品であるジェネリック医薬品は確かに安く、置き換えるだけで経費削減を実現でき、看護師や医師の確保に予算を振り向けたい病院としては、積極的に進めて行きたいという側面があります。

もちろん、安全性や効能がハッキリしている新薬を使う事も大きなメリットはありますが、それ以上に厳しい経営環境がジェネリック医薬品のシェアを押し広げていると言えます。
この流れはなかなか止めることは難しいのではないでしょうか。
どの病院も経営環境が厳しい事は間違いが無く、どこの予算を削ってどこを増やすか、という悩みが絶えません。
人件費は削減が最も難しい所ですし、給料を下げることで看護師不足に陥ると、病院として成り立たなくなる恐れもありますから、ここはやはり削減が難しい所です。

ジェネリック医薬品のシェアが伸びています

実際、ジェネリック医薬品のシェアは伸びており、国内ジェネリック企業、そして海外ジェネリック企業ともに動きが活発になってきています。

それに伴ってジェネリック企業の新卒採用、中途採用ともに積極的な動きが見られます。

将来性でいうと、有望ではないでしょうか。
病院にも食い込む企業が増えており、ジェネリックMRとして病院担当の業務が増えていくことも予想されます。

待遇面に関しては、企業と交渉するという手もあります。
MRの転職支援を行っている人材紹介会社を活用することで、代わりに待遇面の交渉をお願いすることも可能です。

また、転職に関する情報の中枢にいる転職コンサルタントから、今後のジェネリックMRの見通しなど情報をもらっても良いでしょう。
こちらのページでMR転職支援 人材紹介会社を紹介しています。

色々な情報を参考にしつつ、キャリアを考えて行かれると良いでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ