MR(医薬情報担当者)の種類

MRは大きく3つのタイプに分かれます

MRとして勤務経験のある方は転職にあたり、どういったキャリアを目指していくのか、製薬会社への転職を希望するのかといったことが具体的にイメージ出来ているのではないでしょうか。

未経験、異業種からMRへの転職を目指して転職活動をする場合には、まずはしっかりと情報収集をすると良いかと思います。

とにかくMRとして中途採用されて、働く事が重要!経験を積むことが最優先、という事もあるかと思います。
そうした状況になる事も考えられますが、まず転職活動をするにあたり、MRのタイプがある事は理解しておいて損はないでしょう。

MR(医薬情報担当者)は大きく3つに分けることが出来ます。

これを知らずに転職活動をどんどん進めてしまって、入社してみたら目指す仕事内容と実は違っていた・・・という事がないようにしたいですね。
間違って入社を決めてしまいました、では済みませんよね。

・新薬メーカーのMR
・ジェネリックメーカーのMR
・コントラクトMR

と3種類に区別することが出来ます。

MRというと転職が多い職業、というイメージが強いかと思います。
それがあってMRを目指したいけれど、諦めていた・・・という方も実は多いのではないでしょうか。

コントラクトMRという選択肢

コントラクトMRについての特徴などはコントラクトMRとは?などでも記載していますが、もう一つの大きな特徴として、希望勤務地を実現しやすい事が挙げられます。

MR職にありながらも、家族との生活を充実させたい、優先させたいという方は多いです。
やはり根底にはそうした気持ちは皆さんあると思います。
しかし、キャリアアップなどを考えるとなかなか難しいのが現実でした。

そこへコントラクトMRという選択肢が出てきて、実際に転職をされる方も増えているようです。
派遣という身分となりますから、将来的な安定という面で多少不安はあるかもしれません。

しかし、コントラクトMRとして子供達が手が離れるまでにスキルを磨き、実績を積み上げ再び新薬メーカーのMRとして働く事を視野に入れる事も可能といえます。
短期で結果を出さなければならない、ということで逆に鍛えられるという受け止め方も出来ます。

MRとして転職を目指す方は、こうした情報なども含めてどういった製薬企業へ応募をするかを検討する事が重要になってくるでしょう。

情報量が少なくてなかなか決められない、という場合にはDODAエージェントサービスなどMRの転職支援を行っているMR転職サイトを利用してアドバイスをもらうのも有効な手だと言えます。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ