薬剤師からMR転職するポイント

MRは高年収も狙えますが、引越しも伴います

薬剤師からMRへ転職する方も増えているようです。

以前より中途採用の募集が見つけやすいこともあり、医薬品の知識を生かしてMRの仕事に就く薬剤師さんもいらっしゃいます。

このページでは、転職前に知っておきたいポイントについて掲載しています。

MRは高年収が狙える職業です。中には年収1000万以上稼いでいる方もいますね。そのため、約700万円で頭打ちになる薬剤師の仕事よりも魅力的に感じる方が多いです。

薬剤師として好条件の求人を探して、調剤薬局・ドラッグストア・病院へ転職を行ったり、管理薬剤師として医薬品卸企業などに転職しても、なかなか年収700万の壁は突破しづらいので、MRの収入に惹かれる方も多いのではないでしょうか

しかし隣の芝生は青いと言いますが、MRの仕事内容・役割に実際就いてみると、薬剤師時代とは異なる苦労もあると思います。

営業職なので売上ノルマを厳しく見られる、能力主義である、ということは当然として、MRは転勤が多い職業と言われています。そのため、独身なら良いですが、妻帯者は単身赴任を強いられることもあるでしょう。

仕事の優先順位を明確にしましょう

高年収に魅力を感じて薬剤師からMRに転職した後、転勤が多く家族との時間が取れなくなり、結果的に離婚した方もいますから、その辺りは優先順位を明確にすると良いと思います。

もし家族との時間が大切なら、MRへ転職することにより、逆効果になることもありますね。そうではなく、年収・給料を第一に考える場合は転職しても後悔しないのではないでしょうか

MRの適性として、コミュニケーション能力や行動力という側面はありますが、そのような能力は努力によってカバーできる部分もありますので、まずは優先順位を明確にして転職を行って頂ければと思います。

薬剤師からMRへ転職を希望される場合には、

といった転職支援を利用しても良いですし、薬剤師人材紹介会社もMRへの転職に関する求人を取り扱っています。

もし可能であれば応募のチャンスを増やすためにも複数の人材紹介会社を利用されることをお勧めします。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ