薬剤師からMRへ転職した後の仕事内容

薬の営業マンのイメージが強いですね

薬剤師からMRへの転職をお考えの方向けの情報を記載しています。

MRの仕事内容・役割は、自社の医薬品情報の提供です。医師などの医療関係者に対して、医薬品を正しく使用するための使用法や効果、副作用、安全性などを正確に伝えるお仕事ですね。

また、医療現場における医薬品の効果や副作用を収集し、自社へフィードバックする役割もあります。

現場で働く方が言うには、『薬の営業マンのイメージ』が強いということです。医薬品を扱うため、崇高な精神も大切かと思いますが、それと共に自社(製薬会社)の売上を上げる必要がある仕事ですね。

そのため、営業先である病院、ドクターと信頼関係を築く必要がありますね。信頼関係を築くためには、やはりコミュニケーション能力が大切になります。

医薬品の話以外にも、医師が興味を持つ話題を豊富に持つ必要がありますし、医師以外の医療関係者ともコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

どの時間、どの場所に医師がいるか、何度顔を出しても親密な関係を続けられるか、色々とポイントはありますね。

人材紹介会社に相談しましょう

MRは毎月コンスタントに成績を残さなければならない仕事なのでプレッシャーはありますが、その分仕事にやり甲斐を感じやすいのではないでしょうか。

調剤薬局で長く勤めた薬剤師が、より広い世界を希望してMRに転職することもあります。確かに出張や研修があるので、様々な体験・経験を積むことになりますが、デメリットとしては家族との時間が少なくなることですね。

逆に言うと、独身の方はよりMRに向いているのではないでしょうか。

その辺りの事情も含めて、一度人材紹介会社に相談されることをおすすめ致します。人材紹介会社にはプロの転職コンサルタントが在籍していますので、相談から初めてみてはいかがでしょうか?

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ