MRを目指す薬剤師の転職理由について

高年収を期待できるMR

MRへの中途採用をお考えの薬剤師さんが増えています。

最大の転職理由としては、給料・年収が挙げられますね。新卒後の就職時点では、MRより薬剤師の方が給与が高いと言われます。しかし年収500万~600万に達した後、頭打ちになることが多いようです。

調剤薬局で勤めて管理薬剤師となり、手当や昇給があっても年収600万まで。その後年収アップを考えるには、高給与の薬局を探したり、ドラッグストア・病院への転職を考える必要がありますが、それでも全体的な相場がありますから、大幅な給与アップは望めないでしょう。

その点、MRの場合は30代で年収アップすることが多く、700万以上、中には1000万以上の年収を得ている方もいます。もちろん営業職なので実力社会です。売上成績が悪ければ解雇されることもありますし、逆に成績が良ければ評価される社会ではないでしょうか。

また、薬局薬剤師の日常を変えたい、新たなチャレンジをしたい、という理由からMRに転職される方もいますね。調剤薬局からドラッグストア、漢方薬局や病院への転職は、日常の延長として考えやすいと言えます。

薬剤師からMRへ転職するということ

薬剤師という職業自体が現状まだまだ転職しやすいため、今後のキャリアプランを考えて調剤薬局やドラッグストアへ転職することは抵抗が薄いですよね。

対して製薬会社、特に営業職であるMRへの転職は、大きなチャレンジになります。病院や調剤薬局とは畑違いの業界ですが、その分高給与・高年収が狙えますし、総合的に判断してメリットの方が高ければ、ぜひ積極的に求人探しを行って下さい

MRには出張や研究会参加もありますので、新鮮な刺激も受けられるのではないでしょうか。

注意点としては、MRで働く上で薬剤師資格は必要ないということです。そのため、日常的に接する医師にとっては、あなたが元薬剤師でも関係ありません。一人のMRとして接するわけですから、新たな業界にチャレンジするという気持ちを忘れずに、前向きな気持ちで臨んでみて下さい。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ