MR転職 求人が増える年明け1月から転職活動のスタート

MR求人が増える時期を狙って、転職活動をスタート

MRの転職活動、少しでも有利に進めたいと思った場合、少しでも多くの求人情報を得て、そこからより良い条件、キャリアアップに繋がる製薬会社へ転職したい、といった場合。

やはり転職活動に良い時期としては、年末年始の長期休暇が終わってからの時期が良いタイミングといえますね。

1月から徐々に求人が増え始め、2月、3月で求人数は一年の中で最も多いピーク時期となります。

早い方であれば12月から翌年の転職を見据えて情報収集をスタートされていますね。転職エージェントに登録をしたり、転職サイトを利用して求人をチェックしたり。

MRの転職は非公開求人が多いですから、転職エージェント、人材紹介会社に登録をされる方が多いですね。

早めに転職の準備をする事はメリットが多いです。

履歴書や職務経歴書の叩き台を作る事を考えても、1日、2日では難しいでしょう。そこからさらにブラッシュアップしていく時間も必要ですから、手を付けるのであれば早めがやはりオススメです。

転職活動をスタートして内定が決まるまでは、平均して2ヶ月程度はかかると言われます。在職しながらの転職活動が基本ですから、面接日の調整などが上手くいかない事も考えると、少し転職活動の期間が延びる可能性もありますね。

いずれにしても転職をするには、求人を見つける事が必要です。転職したい!と思っても製薬会社からの求人ニーズが無ければ応募が出来ません。

希望するMR求人が少しでも見つかりやすい時期として、1月、2月、3月は良い時期といえるでしょう。求人が増える時期、タイミングを逃さずに転職活動を進めていきたいですね。

製薬会社 MR中途採用が活発な時期を狙うメリット

製薬業界に限りませんが、他の業種・業界でも1月、2月、3月は求人数が増え、企業の採用意欲も高い時期となります。

やはり退職者が増える時期に合わせて、採用に積極的な企業は増えますね。冬のボーナス支給後の退職(ボーナス転職)の影響もあり、1月入社の求人も多く見られますね。

また、異動が多い4月、10月を前に中途採用を行う製薬会社もあります。異動したくない人も含め、退職者が出る時期でもあるためです。

一年を通して見ると、求人数が増える時期は何度かあります。こうした時期を抑えて転職活動に臨まれるだけでも、転職成功の確率を上げる事が出来るでしょう。

また製薬会社が新薬を発売するタイミングも求人が増える事が多いため、狙い目ともいえます。

求人が増える時期は、採用意欲の高い時期でもあります。情報をしっかりと得る事で、転職のチャンスを逃さないようにしたいですね。

MR転職を成功させるには、転職エージェントの利用+余裕を持った転職活動が重要

MRの転職を考えたとき、製薬会社がMRの中途採用を行う時期はある程度決まっています。転職を希望される場合、情報を得られる状態にしておく事はとても重要なポイントですよね。

どういった製薬会社から求人が出るか、個人レベルでは分からない事の方が多いでしょう。

業界の求人動向に詳しい転職エージェントを利用する事である程度、動向について情報を得られる可能性もあります。

転職エージェントを利用する目的としては、そうした情報収集も含まれますね。

転職活動で最も重要なことは、情報収集といえます。すぐにMR求人について情報を得られるように、事前にそれに合わせて転職活動の準備を済ませておくと良いですね。

求人が増える時期は、1月~3月が多いです。次いで9月~10月となります。

他の業界と同様に、夏と冬のボーナス後に退職者、転職希望者が増える傾向にありますから、その時期に合わせて動き始める事も重要です。

転職準備を早めにしておくメリット

転職の準備が遅い場合、求人募集に対してすぐに反応(応募)出来ず、転職チャンスを逃してしまう可能性があります。

中途採用の人数が多い事もありますが、基本的には若干名である場合も多いです。また、管理職(マネージャー等)の求人などもありますが、それこそ1名のみといった募集ですから、気づくのが遅れた場合には応募のチャンスが閉ざされている事もあるでしょう。

今ではあまり見られなくなりましたが、一昔前には多く見られたMRの大量募集。これに近い形で、たくさんのMRを採用したいといった求人も稀に見られます。(日本法人立ち上げ、新薬発売などがある場合)

MRを多く中途採用したい場合、やはり最初は採用条件も緩めです。「MR経験2年以上」「オンコロジー未経験OK」など、キャリアチェンジを狙う若手MRにもチャンスの多い求人となる事も多いでしょう。

しかし、人数が集まって(充足して)くると採用条件も厳しくなってきます。

中途採用者の中でも経験の浅いMRはもう採用せず、管理職経験を持つ人材が欲しい、新薬経験のある人材を採用して引っ張って欲しい、オンコロジーに詳しいMR限定、などといったように限定され始めてきます。

専門性の高いMRの方は条件が合う場合もあると思いますが、経験が浅いMR、第二新卒MR、キャリアチェンジを狙いたい場合には、この段階では採用される可能性が低くなってしまいます。

早い段階で情報収集が出来れば、採用される可能性が高い状態で製薬会社からのMR求人へ応募をする事が出来るかもしれません。

転職エージェントを通じて、どういった人材を今回は採用したいかといった情報も得られる事も多いですからね。転職成功のためには情報収集は欠かせません。

当サイトでは、MR転職に強い、転職サイトをご紹介しています。ぜひ活用して情報収集を行ってみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ