後発品 MR求人

伸びる後発医薬品のシェア

MR求人、中途採用の情報をお探しの方の中には、後発医薬品(ジェネリック医薬品)を扱う製薬会社、MR求人の情報を中心に知りたい、とお考えになっている方もいらっしゃるのではと思います。

後発品メーカーとしては、

といった感じになるかと思いますが、新薬系メーカーも後発品シェア争いに参加してきていますから、そうした製薬会社も含めてMR求人を探してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

田辺製薬、第一三共、エーザイ、ファイザー、サノフィ・アベンティス等々、GE薬はさらに競争が増している状況といって良いでしょう。

診療報酬改定もあり、後発医薬品を処方される機会はかなり増えてきています。調剤薬局や病院の薬剤師部が後発品を提案してくる事も増えましたよね。

後発医薬品調剤体制加算の強化によって、こうした動きが顕著になったことは皆さんよくご存じのことかと思います。

ジェネリックの取り扱いが多いほどインセンティブが高くなるになりましたよね。調剤薬局の収益に直結してきますから、影響は大きいですね。

また「薬剤服用歴管理指導料」の加算要件もあり、さらにジェネリック医薬品が処方される機会が増えています。

医師の処方が新薬であっても、調剤薬局の薬剤師が患者さんに「ジェネリックでご用意してもよろしいでしょうか?」と聞く場面、とっても多くなりましたよね。患者側としても、価格が安くなりますしね、提案を断る方は少ないようです。

そうした事もあり、ジェネリック医薬品のシェアは伸びている反面、新薬は苦境に立たされることも増えてきています。今後もまだこの動きは続くと考えられます。

こうした動きもあって、医師の側でも最初からジェネリック医薬品(後発品)を処方する事も増えてきたように思います。

今後はさらにジェネリック医薬品の数が増えてくるでしょう。また、薬剤師へのアプローチもジェネリックでは重要ですよね。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)MR求人

ジェネリック医薬品の中でも自社製品を選んでもらうためには、MRの能力が重要となります。学術的根拠、副作用の説明、万が一問題発生時のフォローなど。

そのため、今以上にMRの質、医師への情報提供力の向上に力を入れるジェネリック医薬品メーカーも増えてくる事が考えられます。

国の方針として、平成30(2018)年3月末までに、ジェネリック医薬品のシェアを60%以上に引き上げるという目標を掲げています。そのために「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定、総合的な施策を打ってくるでしょう。

市場が伸び、製薬会社にとって重要な収益の柱となれば、さらなる待遇向上も期待出来るかと思います。

もし後発品MRの求人に関して情報収集をしたい方は、当サイトからよく利用されている、

MR転職サイト

の活用も検討してみてください。ジェネリック医薬品をメインとするメーカーからのMR求人も取り扱いがあるそうですから、情報源として役立つと思います。

インタビュー記事も掲載しておりますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ