転職に成功しやすいMR

MR転職成功のポイント

MRとして転職活動を行っていると、

と分かれると言います。

MRの転職理由としては、

など様々なものが人それぞれあるかと思いますが、良いと思った製薬会社からのMR求人を見つけても不採用が続いてしまうとやはり辛いものがあります。転職に対してのモチベーションも次第に下がってしまうかもしれません。

MR転職に成功する方達の共通点を探ってみることで、転職に成功しやすいMRとして転職活動をする事ができるようになるでしょう。

一度不採用になった製薬会社へはやはり際応募は期間を空けないとしにくいもの。どうしても転職を狙いたい製薬会社があるMRの方は、数少ない応募のチャンスを逃がさないようにするためにも、採用担当者(役員)が知りたい情報を分かりやすくアピールできるように、志望動機も含めてしっかりと準備を行いたいですね。

職務経歴書の書き方もとても重要です。職務経歴書に関しては、第三者に客観的に見てもらう機会があれば、アドバイスをもらう事をおすすめしたいと思います。

MRの職務経歴書は数字を見られる

まずMR転職の際に抑えたいポイントとしては、MRの仕事は営業であると言うこと。

営業のキャリア転職は「数字で実績をアピールする事が必要」ということです。数字化できる部分に関しては全て数値化した方が良いと考えて職務経歴書を作成していくと良いでしょう。

逆に立場(採用する側)になるとよく分かるのですが、数値化されていない職務経歴書は、応募者のスペックが結局よく分からないのです。他の応募者が実績を数値化して分かりやすく記載していた場合、そちらを採用したいと考える可能性は非常に高いです。

最低限、過去の年度の売上額、目標達成率などは数値化して記載した方が良いと思います。

再現性について

また「再現性」も重要です。

どういった戦略を持って営業活動を行ってきたか、その結果としてどういった実績を作る事が出来たか。
環境が変わっても再現性があるのかどうか。

転職する事は、大きく仕事環境も変わります。その中で再び実績(売上げ)を上げることが求められますので、再現性に関しても意識して職務経歴書を作成することは重要なポイントになると言って良いでしょう。

企業に対してアピール出来る履歴書、職務経歴書などを用意できれば、転職エージェントも給与交渉、待遇交渉などしやすくなることは間違いありません。

応募先の製薬会社がどんな人材を採用したいのか

求人を出している製薬会社がどんな人材を採用したいと考えているのか、自分はそこにマッチしているのかどうか、と言うことも重要です。

どんなに有能と思われる場合であっても、企業が今回はオンコロジー領域の「経験者」を採用したい、と考えていた場合、他の領域でどんなに素晴らしい実績を上げていても不採用になる可能性は高いですよね。

転職活動は時間がかかりますし、何社も同時進行出来るほど簡単ではないですよね。貴重な時間を上手く使うためにも、そうした製薬会社がどんな人材を採用したがっているのか、といった情報はできる限り得ておきたい所です。

こうしたMR求人に関しての情報は、MR転職エージェントを活用する事で情報として提供してもらえるようになるでしょう。遠回りしないためにも、MR転職エージェントを上手く活用して頂きたいと思います。

最後に重要なのは、面接対策

また、他には面接対策も行うと良いでしょう。やはりなんと言っても中途採用されるかどうか、最後に重要なのは面接です。

どんなに魅力的な履歴書、職務経歴書を作成してアピール出来たとしても、面接で失敗すれば不採用となってしまうでしょう。

MRの転職、面接対策のポイントも参考にご覧になってみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ