MR転職活動を有利に進めるには

MR転職活動、有利に進めるにはどうしたら良い?

MR転職活動、初めての方も2度目、3度目という方も、何かと迷うこともあると思います。私も過去に転職活動を何度もした経験がありますが、その度に違う悩みが出てきたりして簡単に進んだ転職活動というのはありませんでした。

もちろん転職回数が増えるにつれ、紹介会社の活用の仕方などは慣れてはきましたが、それと書類選考、面接突破して内定をもらう事には特に関連性は無いですよね。

志望動機の作成、面接対策は、企業毎に毎回真剣勝負です。

そう、後から段々と分かってきましたが、企業毎に採用したい人材像、好む人材というのがやはりあると言って良いでしょう。社風にも影響される部分といっても良いかもしれませんね。

採用担当者によっては、どんなに有能そうであってもうちの会社に合わなそうな人材はやはり採用しにくいです、という方もいるんですね。

こうした情報って、正直なところ個人で転職活動をしていては分かりません。しかし、MR転職サイトを活用するのであればこういった情報を得ることも出来るでしょう。MR転職サイトを利用するメリットの一つですね。

MR紹介会社の担当コンサルタントから、過去に中途採用された人材の傾向や、人事とのやり取りの中で社風に関してや、採用したい人材などについて情報の共有を行った結果などを情報として聞く事が出来る場合は多いです。

こうした事も踏まえて面接対策をすると、より面接突破への確度を高めることが出来るでしょう。MR経験者の方こそ、こうしたMR転職サイトを活用して頂きたいと思います。

MR転職活動のポイント

MR転職活動を有利に進めるにはどんな事に気をつけたら良いでしょうか。

前述した、製薬会社によって求められる人材像・人物像は違う事は重要です。その上で、やはりMR転職で重要になってくるのは「企業から評価されるMR」として自分を売り込むことです。

上場している製薬会社はやはり人気が高い事が多く、MR中途採用には多くの履歴書が送られてくるそうです。場合によっては書類選考で不採用が続いてしまう方もいるかもしれません。
(書類選考が突破できない場合には、書き方や内容が不足していたり、伝わりにくかったりすることが多いです。もしくは職歴が今回採用したいMRから遠い場合など)

その中で書類選考を突破して、面接を2度、3度とクリアしていくにはロジカルに明確に面接の中で実績などを伝えていくことが必要ですよね。

もちろん面接対策として想定している質問が以外が飛んでくることもあるでしょう。臨機応変に対応できるようにするためにも、今までの仕事の棚卸し、仕事観まで含めて一度時間を取って考えてみる事は大切です。

抽象的な話ではなく、体験談など具体的な話が出来ると、説得力が増しますよね。面接で高い評価を受ける方に共通するのは、具体的なエピソード付きで話が出来る事。説得力の高い受け答えは、そのまま医師へのプレゼン時にも生きてくるスキルですから、高評価をされる事が多いということです。

また、応募の際には製薬会社の知名度、待遇なども気になる方も多いかもしれませんが、重要なのは「仕事内容」ですよね。入社した際にどんな仕事に就く事になるか、このミスマッチだけは絶対に避けたい所です。

これからのMRは専門領域が特に大切になってくるでしょう。今後のMRとしてのキャリアを考えて経験を積みたい、スキルを磨いていきたい専門領域がある場合には、年収や待遇、製薬会社の規模、知名度にとらわれずに判断する事も重要かもしれません。もちろん経営状態が怪しい製薬会社への転職は避けたいですけれどね。

そういった情報についても、MR転職サイトを活用する事で知る範囲で情報提供してくれるでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ