MR転職は働きながら行う方(在職)が良い?

今後のキャリア、結婚・・・MR転職を考える年代

MRとして転職活動を始めてから大体早い方で1ヶ月くらいで転職先が決まりますが、平均的な期間としては2ヶ月~3ヶ月くらいは見ておくと良いでしょう。

このとき転職活動の仕方に関しては、その方にもよりますが一般的には在職したままで転職活動をした方が良い、と言われます。

実際、私も今までに何度か転職活動をしてきましたが、その経験からも在職したまま(給料を得ながら)次の転職先を探す事をおすすめしたいと思います。

転職を考えるMRの年代としては、20代後半~30代半ばくらいまでの方が多いのかな?と思います。このくらいの年代って結婚をしたり、子供が生まれて家族が増えるなど大きなライフイベントがある頃です。同時に、これからのキャリアについても考える方も多いと思います。

など、色々な想いを持って転職した方が良いのかどうか、と言ったことを悩む方も多いと思います。

MRは流動性の高い職業と言われますから、1,2回転職される方は思った以上に多いですし、転職回数が極端に多くなければ、製薬会社としても中途採用にあたっては、それほど気にしないと言うことだそうです。

給料が毎月振り込まれる安心感

企業に勤めていると、よほどのことが無い限りは毎月給料日に、お給料が振り込まれます。MRとしての給料ですから各種手当てもついてなかなかの高収入だと思います。うっかり生活レベルを上げてしまっていて、固定費を下げられない・・・という方も多いかもしれません。

退職してゆっくり腰を落ち着けて転職活動をしたい、という方も時にいらっしゃいますが「万が一、転職先が決まらなかった場合にどうするか」と言うことも考えた方が良いです。

退職してしまうと、当たり前ですが給料はもう振り込まれません。次の転職先となる企業が見つかるまでは、貯金を取り崩しながらの生活となるでしょう。

ある程度は貯めておいてから退職されるとは思いますが、思った以上にお金は減っていきます。独身であれば極限まで切り詰めることも出来るかもしれませんが、ご家族がいる場合には、限度はありますよね。食費、教育費や医療費など、どうしても削れない部分もあるでしょう。

一般的にはMRとして次の転職先を見つけるまでには、1ヶ月~3ヶ月程度と言われますが、半年かかる方もいます。それでも不採用が続く方も、いないわけではありません。

そしてブランク(無職)の期間が長くなると転職活動では不利になると場面が増えてしまいます。

さらには手持ちのお金が減ることで、精神的に余裕が無くなっていくことが多いです。仕事が決まらないことからイライラ・・・。

来月には仕事を見つけなければ生活費が底を尽いてしまう、ともなれば転職先を妥協してしまう可能性が非常に高いです。

妥協した転職先でずっと頑張れるか、というとそれも難しいでしょう。遅かれ早かれ再度転職活動をされる方は多いです。在職期間も短くなりがちですし、転職回数もその分増えてしまいます。

MRとして転職活動は出来れば退職せず、在職中に行う事をおすすめします。

忙しい毎日、転職活動のための時間をやり繰りするのは確かに大変ですが、MR転職エージェントとも連絡を取り、上手く日程調整をしていけば転職先を見つける事は可能です。実際、多くのMRの方がそのように転職を成功させています。

退職の意思を伝えるのは、次の転職が確実になってから

ちなみに退職の意思を伝えるのは、次の会社に採用されることが確実になる証拠を得てからにした方が良いでしょう。

例えば、内定通知、採用辞令などです。こうしたものを得ないうちに辞意を伝えてしまった場合、万が一採用取り消しとなった場合に、行き所が無くなります。

そうした可能性は全く無いないとは言い切れないのですね。万が一、ということもあります。次の転職先が確実に決まるまでは、退職の意思に関しては秘密にしておいた方が良いでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ