MR転職で不採用になった後の転職活動

MR転職、不採用になる事もあります

MRとして転職活動をしていて、すぐに希望通りに内定を貰える方は、少数です。最初の1社目、製薬会社から希望の待遇で内定を貰えてスムーズに転職が成功するというケースは実際少ないでしょう。

もちろん、MRとして実績十分で、なおかつ製薬会社が採用したい領域を経験してきているなど巡り合わせも良い場合には、思ったよりもスムーズに中途採用として転職に成功するケースもあるでしょう。

しかし、現実的には3,4社応募して2社は不採用。1社は内定、もう1社は面接進行中といったように転職活動が進んでいくことが多いでしょう。人によっては、応募した製薬会社すべてから不採用通知をもらってしまうケースもあるでしょう。

このとき、不採用=失敗ではありません。存在を否定されるものでもありません。

MRとして今まで活動されてきた方であれば、日々の営業活動の中で、メンタル的にはかなりタフになっている方も多いと思いますから大丈夫かと思います(^^;

今回、MR求人へ応募した製薬会社が求めるMRのスキル、経験とあなたの今までのキャリアが合致しなかったと言うだけのことです。落ち込む暇はありませんから、次の転職先候補となる製薬会社の求人募集を探していきましょう。

しかし、中には転職活動期間が長くなってきても、なかなか採用されないMRの方もいます。多いのは個人で転職活動をしている場合です。

MR転職サイトを活用して、客観的なアドバイスをもらう

転職活動のスタイルにはいくつかあって、個人でMR求人を調べて応募するスタイルもあります。人材紹介会社などを活用すると確かに色々とやり取りもありますから、それを面倒と思う方もいるのも事実です。

しかしこの場合、不採用が続いたときに「客観的にどこを修正すれば良いか」が分からないデメリットがあります。そのため、いつまで経っても不採用となり続けてしまう可能性があります。考えれば考えるほど、間違った方向へ行ってしまう可能性もあります。

MR転職サイトを利用する事で、数多くの転職希望者を支援してきたコンサルタントから客観的なアドバイスをもらう事が出来ます。それによって、自分では気づかなかった修正点が見つかり、書類選考が通るようになった、といったような例は多いと言います。

MRの転職においては、現在では非公開求人が多くなっています。ですから、キャリアアップや今までの専門領域とは異なる未経験領域へ挑戦したい場合などは、MR転職サイトを活用し製薬業界に精通したコンサルタントからアドバイスをもらいつつ転職活動をされる方法が最も確実かと思います。

転職活動で重要なポイントとして、会社側の目指す方向性があります。ここが応募者の志向と合わない場合には、不採用となるケースも多いです。「良い人材だと思うんだけど、今回はご縁が無かったことに・・・」という事になります。

それは個人ではなかなか知り得ない情報となりますから、こうした情報を得るためにはMR転職サイトが役立ちます。

コンサルタントは製薬会社の人事担当などとミーティングを行って情報を得ているものですから、そうした情報も得ている場合が多いです。

そうした製薬会社からの情報を元に、マッチングしそうな人材(MR)へ求人の紹介を行いますので、採用される可能性も高くなる傾向にあります。

転職先として条件を絞りすぎると紹介できるMR求人案件が無くなる恐れもありますが、転職活動をする上では非常に重要な情報源として、MR転職サイトは活用できます。

今まで利用した事が無かった方はもちろん、登録したけどあまり良い情報が得られなかったと言う方も、また別のMR転職サイトを活用してみて頂きたいと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ