30代MR転職に強いエージェント

35歳がMR転職の境目

MRの転職もそうですが、一般的に30代の転職は難しくなる年代だと言われます。
その境目とされる年齢が、35歳です。

30歳~35歳くらいまでは、製薬会社からの求人ニーズは高いといって良いでしょう。この年代の転職支援に強い、おすすめの転職エージェントとしては、

などをご紹介したいと思います。

35歳を越えると求められる経験、ポジション

35歳を越えると部下をまとめるようなポジションでの経験を求められるようになってきます。実際MR求人に関する情報を調べていると、30代半ばともなると管理職(候補)としての採用募集が増えてくる傾向があります。

部下の指導経験がない方にとっては、なかなか転職しにくい年代に差し掛かる、というのが実際の所です。

もちろん自分はずっとMRとして前線で働いていきたい、という方はそうした管理職やマネージャーなどは目指していないかもしれません。しかし、そうなると40代以降の転職はさらに難しくなってくるのが現実です。

よほどの実績を持つか、ドクターとのコネクション、専門性の高い知識、技術などを持ち合わせていなければ、20代、30代前半の若手MRと比較をしても40代のMRを採用する理由はあまり見当たりません。

年齢が上がるごとに、企業が求める能力、実績の水準はどんどん上がっていきます。だからこそ中高年の再就職が昔から問題となっているわけです。その会社でしか通用しないスキルであれば、大問題です。

しかし、MRとして実績を積まれてきた方であれば、数字で説明することも出来るでしょうし再現性をアピールする事も出来るでしょう。

管理職的な経験を求められないとしても、35歳ともなればチームの中核として活躍している年代となりますし、10年以上キャリアを積まれている方も多いでしょう。

転職する場合には、今までのキャリアとその中で得られた経験などを、面接官にアピール出来るようにまとめる必要があります。そこで重要なのが、職務経歴書です。

重要となる、職務経歴書の書き方

転職活動では、この職務経歴書を分かりやすくしっかりと書く作業が出てきます。職務経歴書の書き方に関しても、ポイントがあるようです。

この書き方に関しては製薬会社ごとに、採用したい人材に対応してのポイントがあるでしょうから、都度、MR転職エージェントで担当してくれるコンサルタントからアドバイスをもらいつつ推敲されると良いと思います。

30歳~35歳という年代は、今までの自分のキャリアと、これからの自分のキャリアを色々と考える年代だと思います。実はキャリアを積んでいきたい専門領域が他にある、挑戦したい仕事がある、といった方は少なくないのでは?

30代前半は転職をするには、求人ニーズが高い良い時期ともいえます。年収アップも十分狙うことも出来る場合も多いでしょう。もし今、MRとして仕事をする毎日の中でなにか引っかかるものがあったり、もっと携わりたいと考えている専門領域などがあれば、転職も含めて考えみても良いかもしれません。

今すぐ転職ではなく、良い求人が目指したい製薬会社からのMR求人が出たら検討したい、という利用でも大丈夫です。相談をしながら、転職希望、志望する製薬メーカーを具体的に絞り込んでいくという方法もあります。

まずはMR転職に関して膨大な情報を持つ転職エージェントを活用する事で、様々な事が進展していくのではないでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ