転職しない、という選択肢もある

MR転職のメリット・デメリットについて考えてみる

MRとして転職を考えている方も多いと思いますが、転職活動をする時はつい「良い面・新天地で活躍している自分」をイメージしてしまいがちです。

もちろん、そうやって転職活動を続けるモチベーションを維持することも大切ですし、実際により自分にあった職場、製薬会社へ転職する事ができ、さらなるキャリアアップ、活躍をされている方が多い事も事実です。

しかし、場合によっては必ずしも転職しなくても良い場合もあります。

もし今の待遇に不満がある場合には、一度機会を見て、上司に相談されると良いかもしれません。あなたが自分自身で思っている評価と、上司が持っている評価軸が違う場合もあります。

将来的に引き上げようと思っていて、あえて難しい課題・テーマを与えられている可能性もあります。特にシェアの低いエリア、新規開拓が必要なエリアに回されて辛い・・・と感じている場合は、その可能性があったりします。

また、転職を希望している製薬会社への応募基準に満たない実績の場合もあるでしょう。その場合、ムリに応募しても不採用になる可能性が高いです。どうしてもその製薬会社への転職を目指したい場合、今の会社でもう少し経験を積んだ方が良い場合もあります。

新薬メーカーへ転職したい場合、一度CSOで経験を積んでからトライする方が採用される可能性が高まる事も多いです。 そうした事例も実際多いそうですしね。

転職は人生の一大事ですから、じっくり考える時間を取って、良い面、悪い面と考えてから決断されることも大切ではないかなと思います。

MRとしてのキャリア、これからの働き方について

MRとして数年、10数年キャリアを積んでくると、将来の自分のキャリア、働き方について考える事もあると思います。もし今まで一度もご自身のキャリアについて考えたことが無い、という方は少し立ち止まって考えてみると良いかもしれません。

製薬会社は他の業界の企業のように倒産する可能性は、それほど高くは無いかもしれませんが、将来的にはどうなるか誰にも分かりません。

あくまで一つの可能性として考えた場合、パテントクリフに不祥事、ジェネリック医薬品メーカーの攻勢に押されたりといった事が重なれば、大打撃を受ける可能性は高いでしょう。

現在どんなに高い売上げを起こっている新薬製薬会社であっても、特許が切れれば売上げが減少するのが、医薬品業界の構造ですよね。

他の製薬会社でも通用する人材かどうか

今勤めている製薬会社が倒産したとして、次の転職先を見つける事が出来るかどうか、という厳しいシチュエーションで考える事は、これからの自分がどういった姿勢で仕事に取り組めば良いのか、と言うことを考える際には有効でしょう。

MRの人数がじわりと減る中、これからも通用する能力、知識、経験を積んでいくことはとても大切です。もし今までにヘッドハンティングされた事がある方も、謙虚に考える事が重要です。

これからも活躍できるMRとして働きたいのであれば、より専門性を高めていく事が重要であることは間違いありません。

専門領域MRとして経験を積みたい、他でも評価されやすい大学病院担当として働きたい、などの場合にはまずは今いる会社で異動できるかどうか相談してみる、難しそうであれば転職を考えるなど、まずは転職をしない方向で考えてみると良いかもしれません。どうしてもその領域での仕事が今の勤務先には無い、といった場合には転職の選択肢が一番かもしれませんね。

そうした相談も、MR転職サイトを利用する事で可能となります。当サイトから最も利用されているMR転職サイトはこちらです。

転職を決めている方も、悩んでいるMRの方も、こうした転職支援をぜひ活用してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ