国内製薬会社 MR求人

出来れば国内の製薬会社で働きたい、というMRは多い

MRとして転職するにあたり、できれば国内製薬会社へ転職したい、というニーズは強いようです。

など。

こうした国内製薬会社へのMR転職支援にも強い転職エージェントにどんな人材が転職しやすいのか、といった質問に回答頂いた特集ページを改正しています。

こちらもぜひご覧になってみてください。

国内製薬会社からのMR求人は非公開求人になる事も多いですから、こうしたMR転職エージェントの利用をおすすめしています。

特許切れ問題に直面する国内、外資製薬会社

国内製薬会社、外資系製薬会社。

それぞれに持つイメージは人それぞれですから一概には言えないと思いますが、国内製薬会社に対しては長く働く事が出来るというイメージが多少はあるのではないかと思います。

調べていくと実際にはどの製薬メーカーも特許切れの問題(パテントクリフ)はあり、国内トップの製薬会社である武田薬品工業もそうした問題を抱えています。

MRとして仕事をしていく上で、扱う医薬品と、これから上市される新薬の数はやはり重要だと思います。

そういった意味ではアステラス製薬は早く抜ける可能性が高そうですね。

特許切れは特に米国では企業の売上げに直結していますよね。

「瞬間蒸発」とも言われるほど、売上げへのインパクトは大きいものがあります。

ジェネリック医薬品への置き換えが急激に進むわけですが、売上げが急降下し、人件費の負担もままならない状況になると、やはりMR職の雇用もなかなか安定しない状況になるかもしれません。

日本国内でも政府の医療費抑制の方針もあり、ジェネリック医薬品への転換が多くの医療機関で進められている状況です。

経費を節約したい病院、クリニックとしても、副作用など問題をクリアし、先発医薬品と比べて遜色のない効果が得られるジェネリック医薬品は魅力的です。

ジェネリック医薬品に置き換えることで、少なくない単位で節約できますし、翌月から会計上改善してきますので、経営者としても大いに検討の余地がある所となっています。

そうした状況を踏まえて、ジェネリックMRとして転職を検討される方も増えているようです。

MRとして転職活動をされる機会がある方は、こうした業界の動きに関しても、業界に精通した転職コンサルタントに質問をしてみると情報が得られると思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ