MRから他の職種へ転職した後、またMRに戻るには?

採用担当者の心理を考えるようにしましょう

MRから他の職種へ転職した後、またMRへ戻ることは難しいと言われています。

しかし実際転職に成功した方はいますし、ポイントは採用担当者の心理を考えた上で、事前準備をしっかり行うことですね。

自分自身を冷静に分析した上で、製薬会社の採用担当者が何を聞いてくるか? どのような疑問、不安、心配点を考えるか? を先回りして考え、履歴書や職務経歴書でつぶすようにして下さい。もちろん面接の場でも、しっかり答えられるようにしましょう。

たとえば、「なぜMRを辞めたのですか? 退職理由は?」という質問と、「なぜもう一度MRを志望しているのですか?」という質問は、当然聞かれることだと思います。

その際に後ろ向きな理由を伝えるのではなく、他業種、他業界に入ることで新たな勉強をしてみたかった、他業種に入ることでMRの魅力を再発見できた、など、第三者が聞いても納得できる志望理由と自己PRが大切になりますね。

嘘を書いたり、述べるということではなく、あなたの中の想いを素直に吐露しながら、それを第三者に伝わるように再構成するということです。常に面接担当者の心理を考えながら、転職活動を行うと良いでしょう。

ただし、そのような第三者の視点は、なかなか自分一人では難しいと思います。そのため人材紹介会社のコンサルタントにアドバイスを受けながら、転職活動を進めて下さい。

人材紹介会社の担当者が、ニーズに対応してくれるかどうか? 話しやすいかどうか? 質問した際に的確に答えてくれるかどうか? その辺りがポイントになるでしょう。

まずは人材紹介会社への登録から

一度MRから他業種に転職し、もう一度MRへ転職するというケースは、MR未経験者よりも評価が厳しくなるかもしれません。特にMRとして働いていた期間が短かったり、他業種の期間が短い場合は、その理由も問われると思います。

もし自分が採用担当者なら何を聞くか? どのようなことに疑問を抱くか? 面接という限られた場で、どのように人間性を判断するか? その辺りを常に考えながら転職活動に臨む必要がありますね。

逆に言うと、その点に対処できれば、充分MRへ復帰、中途採用されることも可能です。評価する相手も人間ということを考え、事前準備を徹底し、転職活動を積極的に行い、その過程で人材紹介会社のコンサルタント(アドバイザー)に相談する、という流れがおすすめです。

まずは人材紹介会社への登録から初めましょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ