コントラクトMR

コントラクトMRとは

MRは製薬会社に正社員として勤める形の雇用となりますが、製薬業界ではそうした雇用関係だけでなく、コントラクトMR(CMR)と呼ばれる雇用形態があることをご存知でしょうか。

このコントラクトMRとはいわゆる派遣型として就業するもので、製薬会社に直接雇用されるのではなく、CSO企業と呼ばれる製薬企業からMR活動を外注される会社に勤めることになります。

より細かく説明すると、CSO企業との雇用は正社員としての雇用契約となりますので、一般で言われるところの派遣社員とは少々実情が異なってきます。

通常の派遣では期間の制限があるため、退職や就職を繰り返すという不安定な生活にもなりかねません。

一方、CSO企業に勤める場合には雇用期間が限定されていないので、ある程度は安定した雇用が約束されているといえます。

製薬会社勤務のMRとの違い

ではコントラクトMRは、派遣型としてどのように仕事を行うのでしょうか。

基本的にそれぞれ派遣された先の会社に勤めて、派遣先の上司の監督を受けて業務を行うことになりますので、各自が受け取る名刺にはその派遣先の社名が記されています。

大抵は医薬品のプロジェクトごとの派遣となるため、一つの派遣先はおよそ2年間となり、そこでの仕事が終了したらまた別の製薬会社に派遣されて働くという形になるのです。

製薬会社に勤めるMRとコントラクトMRの最大の違いはここにあり、自社の薬ばかりを担当するのではなく、様々な製薬会社を渡り歩いて幅広い医薬品を紹介する事になります

コントラクトMR 募集に関しての情報

コントラクトMRとして転職を希望する場合には、求人を見つけやすいのはやはりMR転職エージェントを活用することです。

地域限定、転勤無しで採用される可能性のある製薬会社に関しての情報をもらう事も出来るでしょう。

また、今はすぐにコントラクトMRの募集が無かったとしても、過去の実績などから参考情報をもらうことも可能かと思います。

個人では得られない情報を沢山持っているのがMR転職エージェントですから、その情報力をぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ