MRを辞めて異業種転職に成功するには

MRを辞めたい!違う職種へ転職を検討、求人情報を得るには

このページをご覧になって頂いている方は、MR職としてご活躍の方も多いと思います。

しかし、仕事をしていると色々な事があります。

良い事ばかりでは無いですよね。どちらかというと、大変さの積み上げ、というMRの方も多いと思います。

実際、これからの製薬業界でのMRの状況を考えて、転職について考える事がある方も多いかもしれません。(製薬メーカーの早期退職のニュースなども目にする事が多い近年ですし・・・)

実績を積み上げている中でも、急にMRとしての働き方に疑問を持ち転職される方もいらっしゃいます。

色々な事があって、MRを辞める事を真剣にお考えになる事もあると思います。

転勤事例が出た、どうしても転勤が出来ない事情があり他社への転職、もしくは転勤の無い会社への転職を真剣に検討している、といった方もいらっしゃるでしょう。

MRは確かに言われるように一般の営業職と比較して高給与・高年収です。また、勤務されている製薬メーカーも規模の差こそあれど、福利厚生も充実しています。

こうした待遇を捨てても転職をした方が良いかどうか、といった事はまた改めて時間を取って検討された方が良いとは思いますが、異業種転職の可能性も含めて、情報収集をして考えてみる事はある時期において必要な事ではと思います。

真剣に考えることで、そのまま製薬メーカーに在籍してMRとして仕事を続けた方が最善、という答えが出るかもしれませんし、転職した方が良いという結論に達するかもしれません。

転職を検討するにしても、MRの方それぞれで条件が異なりますね。お住まいのエリアの求人状況は非常に大きな要因です。

東京都、横浜市、大阪市、名古屋市など都市部にお住まいであれば、具体的に転職先の企業も探しやすいと思いますし、中途採用の情報も得やすいでしょう。年収もそこまで落とさなくても良いかもしれません。

年齢も大きいですね。未経験から異業種転職を目指すのあれば、やはり20代です。30代以降は実績、管理職経験などが問われる場面が増えますから、履歴書・職務経歴書もしっかりと書き上げる必要があります。
(狙う業界、企業によって書き方のアドバイスは転職エージェントから受けた方が良いと思います)

志望動機は重要なポイントとなります。

また転職をすること無く、勤務先の製薬会社の中で異動させてもらえる可能性がゼロとは言い切れません。条件付の場合も多いですが、転勤無し・転勤が少ない働き方が出来るように考慮をしてくれる製薬会社も増えつつあります。

実際にMRを辞めて転職をするかしないかは、また後日決断するにしても、まずは情報収集をということで人材紹介会社(転職エージェント)に登録・相談をされる方は多いです。

MR経験を活かせる転職先を選んで検討される方、異業種転職をされる方など様々な方がいらっしゃいます。

転職エージェントを利用する事で、転職の可能性を探る事が出来ます。多くの方の転職をサポートしてきた転職エージェントから、過去の事例を参考に利く事も出来るでしょうから、それらを踏まえて今後を考える事も出来ると思います。

薬剤師資格をお持ちの方の場合には、調剤未経験から薬局薬剤師へ転職をされるケースもあります。

MRを辞めて転職を考える際には、どのような転職エージェントを活用すると情報を得やすいでしょうか。情報収集に便利な転職エージェント、情報収集の方法について次から見てきたいと思います。

MR経験を活かせる転職先について

転職を考えた場合。やはり転職成功の確率が高いのは、まるっきり未経験、今の仕事の経験が活かせない転職先では無く、経験を活かせる転職先といえますね。

同じ営業系の仕事、営業系以外の仕事であっても製薬業界、近い業界として医療機器業界もありますが医療に関連していると知識も持ち合わせている場合もありますし、勉強すればキャッチアップもしやすいのではないでしょうか。

医師や看護師、事務長などこれまでの仕事を通して培った医療職とのコミュニケーションの仕方など役立てられる仕事もあります。

MR経験を活かして転職先を探したい、と思った場合の職種、仕事としては、

などがMRとしての経験、知識を活かせるとして挙げられる事が多いでしょうか。こまかく探していくと、MR経験や培ってきた医療知識が活かせる職種、仕事は他にもまだ挙げる事が出来ます。

CRA、CRC、CROなどはMR出身者も比較的多く転職されていますし、医療機器営業なども、MRからの転職で歓迎される求人も多いかと思います。

他に生命保険会社の営業へ転職される方も多いと言われます。生命保険会社の営業職も、成功すれば高給与・高年収が得られる営業職ですね。大口の法人顧客をいかに掴むか、でしょうか。

こうしたMR以外の転職先を探す場合には、様々な業界・職種の求人情報を持つ総合的な人材紹介会社を活用される方法が良いと思います。

MRからの転職、情報収集に便利な転職エージェント

などは転職業界でもトップクラスの求人数を所有していますし、転職支援実績も非常に豊富です。非公開求人に関しても同様に豊富な情報量となっています。

興味のある転職先があれば、求められる人材像、スキルなど様々な情報を得られるでしょうし、今までの経験や実績を評価してくれる業界、職種など様々なアドバイスをもらう事が出来るでしょう。

もメディカル業界を始めとして、様々な業界からの求人情報を扱っています。

TOEIC800点などお持ちであれば、求人先が増えるかもしれません。

どういった求人が見つかるかに関しては、タイミングが非常に重要となりますので、最新の情報をこうした転職エージェントを通じて得る事はオススメです。

MRからの転職をお考えになる際には、上記のような総合的に様々な業界・職種の求人情報も得られる転職エージェントの活用をオススメしたいと思います。

いずれにしても、転職を考えた場合には特に現在、製薬メーカーから高給与・高年収を得ているMRの方ほど、待遇に関してどこまで許容できるかが重要といえます。

若手で年収がそこまで上がっていない方の場合には、転職によって年収アップする事もありますが、多くの場合には維持、もしくは年収ダウンを受け入れる事が必要ではと思います。

近年増えているのが、医療系WEB・IT企業への転職

また、近年増えているのが医療系WEB・IT企業からの求人です。

2016年の電通の発表ですが、インターネット広告費が1兆円を超えたとされます。

インターネット広告費(媒体費+広告制作費):1兆3,100億円(前年比113.0%)
インターネット広告媒体費:1兆378億円(同112.9%)

引用元:2016年 日本の広告費

と初の1兆円超えということです。

こうした背景もあり、ヘルスケア系、メディカル系のコンテンツメディアを運営する企業も増え、メディア編集者などの募集も増加しています。

また、営業企画・マーケティング職などでも中途採用が見られるようにもなっています。医療知識を持つ人材はやはり優遇されますので、こうした求人を狙うのも有りかもしれません。

こうした医療系WEB・IT企業からの求人情報などに関しても、

MRからの転職、情報収集に便利な転職エージェント

でご紹介したような人材紹介会社・転職エージェントで情報収集する事が出来ます。

今後さらに新たな職種、(求人)需要が生まれるかもしれません。情報収集はとても大切と言えますね。

MRから薬剤師へ転職するケース

MRとしてお仕事をされている方の中には、薬剤師資格をお持ちの方もいらっしゃいます。以前はMRとして働いていた、という薬剤師さんは意外といらっしゃいます。

大学卒業時に新卒薬剤師として働くのではなく、就職先として製薬メーカーを選ぶきっかけは色々だと思います。

他にも様々な理由があるでしょう。

薬剤師として働く場合、狭い世界での仕事となりますし、給与も初任給こそ高めですが頭打ちになるお仕事です。

就職する製薬メーカーによっては、特に外資系となりますが実績に応じて、年収1,000万円以上を達成している方もいらっしゃいますね。

新卒時にはこうした年収・給与は特に眩しく見えるものではとも思います。こうした高給与・高年収が期待出来るとして、MRへ就職された方もいらっしゃるかもしれません。

その後、MRから薬剤師へ転職を考える理由としては、MRとしてドクターや薬剤師と話をする中で、「自分も患者さんに直接関わる仕事をしたい」という事で転職を意識し始める方もいらっしゃるそうです。

また、冒頭でも書きましたが「転勤」出来ない理由があるため、転勤無しで働ける調剤薬局やドラッグストアの求人をお探しになるケースも。

仮に転勤・異動があったとしても地域限定の場合も多いですから、転勤無しで働きたい場合には薬剤師求人は、条件に合う求人も探しやすいといえます。

薬剤師として活躍されている方の中には、元MRという方が意外といらっしゃいますね。

MRとしてのコミュニケーションを重視して採用を前向きに考えてくれる事もありますし、ある程度のキャリアを経ての転職決断の場合には、長く真剣に働いてくれるのではと言うことで採用を考える経営者も多いと思います。

調剤未経験OK、調剤薬局やドラッグストアへの転職

薬剤師資格を活かして調剤薬局へ転職したい、と考えた時、多くの方が不安になるのは「調剤未経験」である事ではと思います。

調剤薬局の中には年齢にもよりますが調剤未経験であってもOK、とする薬局も多いです。MRとしてのコミュニケーション能力を高く評価してくれる場合も多く、中途採用を前向きに考えてくれる調剤薬局もあります。

ですから不安も大きいとは思いますが、まずは応募可能な求人があるかどうかを情報収集される事をオススメしたいと思います。

こうしたMRから薬剤師への転職を希望される場合、活用をオススメするのは薬剤師求人を専門とする人材紹介会社です。

こうした薬剤師求人の紹介を専門とする人材紹介会社ですが、【薬剤師資格】をお持ちであれば利用が出来ます。

薬剤師転職に関して専門知識を持つキャリアコーディネーターが調剤薬局の情報をしっかりと把握していますし、業界ならではの交渉もあるでしょう。

採用担当者とパイプをしっかり持つ場合も多く、

「ここの薬局は今は経験者のみしか募集していない」
「この調剤薬局は調剤未経験でも前向きに採用を考えてくれる」

と言った情報も持っている事があります。過去にもMRから薬剤師への転職といった、同様の事例があるかもしれません。

未経験から調剤薬剤師として転職を希望される場合に、活用をオススメしたい薬剤師紹介会社としては、

などがあります。

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営しています。薬剤師求人数、国内トップクラスの転職エージェントとなります。

ファルマスタッフの特長として、求人先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしている、という事が挙げられます。

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃いのが大きな特長として挙げられます。

未経験からの転職は不安になる事も何かと多いと思います。職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさ。調剤未経験者への研修・教育、サポートなども気になるでしょう。

また、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映している、と言うことですから情報源として信頼出来るのではないでしょうか。

上記、ファルマスタッフの公式ページには、MRからの転職に成功した方の転職事例なども掲載されていますので、ご覧になってみてはと思います。

他には、

といった薬剤師紹介会社も、薬剤師資格をお持ちであれば利用可能です。

調剤未経験OKの調剤薬局の情報も多く掲載されていますから、情報収集を希望される場合には活用してみてはいかがでしょうか。

MRを辞めて異業種転職に成功するには、まとめ

MRを辞めて転職をお考えになる場合、その方の状況に応じて様々な転職先を検討する事が出来ます。転職先に応じて、応募者が知りたいスキル、知識、コミュニケーション能力など様々なポイントがあります。

営業職での転職をとっても、MRとしての営業活動と他業界の営業活動は方法が異なる事が多いです。通用する事を論理的にアピールする事も重要ですし、面接対策もやはり重要です。

こうした転職に関するアドバイスを多角的にもらう事が出来る転職エージェントは、やはり活用される事をオススメしたいと思います。

非公開求人も含めて探す事が出来るようになりますので、アプローチ先も増える場合が多いです。

色々と検討した結果、転職しない方が良い場合も実際にはあるとは思います。しかし、実際に行動して求人を調べ、現状と比較・検討することで、転職した方が良いのかどうかといった判断が可能になることは多いです。

そういった意味では、まずは情報収集をしてみる事は有効ですね。

MRからの転職、情報収集に便利な転職エージェント

でMRからの転職に活用できる、人材紹介会社・転職エージェントをご紹介いたしました。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ