協和発酵キリン MR求人、中途採用

協和発酵キリン 重点領域

協和発酵キリンのMR求人、中途採用に関して興味をお持ちのMRの方へ。

抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使し、新たな医療価値の創造と創薬を目指す国内新薬メーカーとして、売上高としても国内上位に来る製薬会社です。

協和発酵キリンの重点領域は、

の4カテゴリーとなります。

今時期(本記事作成は5月です)はちょうど、花粉症の時期。花粉症時期は抗アレルギー薬の需要が高まる時期でもありますから、「アレロック」を擁する協和発酵キリンも販売量が伸びる時期ではないでしょうか。

私もこの時期、ここ数年はアレルギー性鼻炎が発症するので、毎年のように抗アレルギー薬のお世話になっています。やはりアレロックを処方される事が多いんですね。抗アレルギー薬の中でもアレロックは効果も高いですし、薬価としても抑えられますから処方する医師も多いのでしょう。

協和発酵キリンは花粉症ナビも運営していますね。花粉症の方は一度は見たことがあるのではないでしょうか。

【参考URL】花粉症ナビ

代表的な医薬品として、

【腎カテゴリー】

  • ネスプ:2007年発売 腎性貧血治療剤
  • レグパラ:2008年発売 二次性副甲状腺機能亢進症治療剤

【がんカテゴリー】

  • グラン:1991年発売 好中球減少症治療剤
  • ロミプレート:2011年発売 慢性突発性血小板減少性紫斑病治療剤

【免疫・アレルギーカテゴリー】

  • アレロック:2001年発売 抗アレルギー剤
  • パタノール:2006年発売 抗アレルギー点眼剤

【中枢神経カテゴリー】

  • アポカイン:2012年発売 パーキンソン病治療剤
  • ノウリアスト:2013年発売 パーキンソン病治療剤

があります。
(協和発酵キリン 公式サイト掲載情報より)

協和発酵キリンからのMR求人、中途採用

協和発酵キリンのパイプライン数はバイオ医薬品の領域で国内トップクラスということで、今後に期待感の持てるものではないでしょうか。

副作用の少ない効果的な治療薬として、次世代の医薬品として期待される抗体医薬品。そこにやり甲斐や市場の拡大を見込めるようであれば、MRとしてやり甲斐のある仕事も出来そうではないでしょうか。

協和発酵キリンの営業体制で特徴として挙げられるのは、

腎専任MR

がいるということです。

また、「協業」にも力を入れ、チーム力を高めていく事にも注力しているそうです。

腎専任MR、開業医担当MR、病院担当MRとそれぞれ中途採用でMR募集がかかるタイミングもあるでしょう。協和発酵キリンのMR募集、中途採用に関しての詳しい情報は、製薬業界の転職情報に詳しいMR転職サイトを活用される事をおすすめします。

当サイトからよく利用されているMR転職サイト ランキング

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ