アステラス製薬 中途採用

アステラス製薬の中途採用や求人に関しての記事を掲載しています。

MRとしてアステラス製薬への転職に興味のある方はご覧になってみてください。

アステラス製薬

2005年に東京の山之内製薬と大阪の藤沢薬品工業が合併して誕生したアステラス製薬。

元々海外進出戦略にも力を入れていた山之内製薬、藤沢薬品工業ですから、現在のアステラス製薬も海外市場からの売上げが45%程度の推移となっています。

重点領域は、

となっており、この5領域において、革新的新薬の創製を目指しているとのことです。

アステラス製薬は新薬開発にとても力を入れており、日米欧にまたがる研究拠点を構築していることも特徴に挙げても良いでしょう。

新薬上市の際にはやはりMRとしては仕事のしがいがありますよね。MRの仕事のやり甲斐に挙げる方も多いです。

新薬が出るタイミングではMRの増員採用も期待できると思います。

アステラス製薬はパイプラインも充実し、新薬の上市を比較的経験できる製薬会社といって良いのではないでしょうか。

過去には、移植や泌尿器領域などの専門性の高い疾患領域において免疫抑制剤プログラフ、前立腺肥大症の排尿障害改善剤ハルナール、過活動膀胱治療剤ベシケア、ミラベグロンなどの革新的な新薬を創出しています。

アステラス製薬 採用に関して

MRが働きやすい製薬会社、といっても基準は人それぞれだと思いますが、アステラス製薬はかなり力を入れていると言っても良いのではないでしょうか。

バックアップ体制にも力を入れており、「日本における最も称賛される製薬企業(2012年、インターナショナル・アライアンス調べ)」では「MRの質」部門で第2位にもなったということです。

労働時間削減を目的とした制度を導入、配偶者と同じ地域に異動できる制度など、働きやすさ(=長期にわたって勤務してくれる仕組み)を取り入れています。

MRは流動性の高い職業とも言われますが、こうした取り組みによってアステラス製薬の離職率はかなり低いのでは、と予想されます。

国内資本の製薬企業の場合、異動時期が多いのが9月、3月となります。

2ヶ月前入社が多いと考えられますから、中途採用のタイミングとして春先、秋あたりを狙ってみると良いかもしれません。

ただし、中途採用のタイミングは情勢によって変わるでしょうから、常に最新の情報を得られるようにMR転職エージェントには登録しておいた方が安心かもしれませんね。

MR転職エージェントを活用することで、転職を希望する製薬企業、条件にあったMR求人が出てきた時に連絡をもらう事が出来ます。

当サイトからよく利用されているMR転職エージェントにMR転職について質問をした特集記事を掲載していますので、よろしければこちらもご覧になってみてください。

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

DODAエージェントサービスに直撃インタビュー!MR転職に関する疑問Q&A

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ