MRの仕事のやり甲斐

やり甲斐を考える事は面接対策にもなる

MRの仕事のやり甲斐を、転職を機会に改めて考えてみてはいかがでしょうか。

既にキャリアを積まれているMRの方ですから、日々、仕事で成績を残すにはどうしたら良いか、どのようにドクターにアプローチしていけば良いかと言ったことは十二分に考え抜いておられるかと思います。

転職を機にMRという仕事のやり甲斐を改めて考えてみる事は、面接対策にもなります。

MRのやり甲斐として多くの方が挙げるのが、やはり医療に対する貢献度の高さです。

現実的に実際に医薬品を処方された患者さんに会うことは滅多にありませんが、自身の仕事の向こうには大勢の患者さんがいます。効果のある新薬の登場を待ち望んでいる患者さんもいらっしゃいます。

開発研究・臨床を行ったりするのは別の部門ではありますが、一丸となって新薬を開発し、それを市場に広める。その結果として利益が生まれ、それをさらに次の新薬開発のために研究開発費に充てる。

製薬会社の全ての部門が繋がって企業の発展、そして医薬品業界の発展にリンクしていると言って良いでしょう。

時々ドクターから「あの薬を処方した患者さんの回復がとても良いよ」などと声を掛けて貰って、とても嬉しい事もあるのではないでしょうか。

そのドクターがさらにその領域で影響力を持っていた場合、全国へ普及するスピードも早くなる可能性があります。MRとしても仕事の醍醐味を感じる所かと思います。

MRを目指したきっかけ

一方で、転職活動をもし始められるのであれば「MRという仕事を目指そうと思ったきっかけ」についてもまた考えてみてはいかがでしょうか。

面接では志望動機は必ず質問されるものですが、志望動機に絡めて、

「MRになろうと思ったきっかけ、今までどのように働いてきたか、そしてこれから御社でどのように仕事をしていきたいか」

といった事のアピールに繋げていくことが出来るでしょう。

ストーリーがあると、やはり人の心には響きます。採用担当者、面接官も同様でしょう。

ただし、あまり話を作りすぎると嘘くさくなってしまうかもしれませんから、事実を飾らずに話をするようにされると良いかもしれませんね。

家族の病気などを経験して、ある専門領域を志そうと思ったMRの方は多いと思います。そうした部分は、ぜひ面接でもアピールして頂きたいと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ