MRの転職回数が多いと転職出来ない?

転職癖があるという印象を持たれないために

MR転職にあたり、既に数回、転職経験のある方もいるのでは、と思います。

さすがに7回、8回と転職回数が多いと難しくなる場合も多いでしょう。

転職の回数が3回、4回といったあたりまでであればその転職理由によって中途採用に当たっては問題無いことが多いのではないでしょうか。
(基本的には2回を超えると転職は難しくなると考えて良いです)

もちろん年齢と、在社年数は大きく関係します。

20代で転職回数が3回となると多いです。書類選考も通るのが難しい事が増えるでしょう。

30代で3回の転職(1社3~4年以上在籍といったように)であれば、まだ許容範囲かなという印象をもたれると思います。

当然のことながら転職回数が多いとまず「転職癖」があるのでは?という印象をもたれるのは仕方の無いところです。

基本的には転職回数が多い方は、どんな職種問わず、なぜ転職回数が多いのかを理論的に採用担当者が納得できるように説明することが必要です。

ただし話し方に関しては気を遣う必要があるでしょう。

例えばキャリアアップを目指して転職を重ねてきた、という話の流れにしたい場合にはしっかりと実績を残した上で、本当に職歴がキャリアアップしてきているかはご自身で客観的に確認した方が良いでしょう。

どうもそうは思えない、と言う場合には他の転職理由を考えた方が良いかもしれません。

転職回数の多さをカバーする

採用担当者が納得できる転職理由があること。
これがあれば、転職回数が比較的多いと思われるような方であっても、転職は可能となると思います。

ただし、製薬会社によっては転職回数が2回以内など、基準を持っている場合もあります。

もしかするとそうした情報に関してもMR転職エージェントに相談をすると、何らかの情報を持ち合わせているかもしれませんね。

それ以上に、MRとして計画立案、目標達成率の高さなどがあれば、採用される可能性は高くなります。

後は年齢に見合ったポジションでの経験があるかどうか。

20代、30代での転職をお考えになるMRの方が多いと思いますが、組織内で年齢に応じた役割を経験してきているかどうかは、中途採用においては重要な判断基準となります。

一般的には30代半ばになるとマネジメント経験の有無が重視されます。

経験が無い方は、リーダーの適性が無いと判断されてきたと言う評価を得ることになる場合が多いでしょう。

もちろん在籍してきた企業の人数によっては、部下無しで仕事をせざるを得ない状況の場合もありますから、そうした場合には他にアピールできる事を考えると良いでしょう。

後進の育成指導などもアピールできるポイントになります。

まで真面目にMRとして仕事に取り組んできたのであれば、何かしらアピール出来るポイントはあるかと思います。

ご自身で転職理由など上手く作るのが難しい、といった方は、MR転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

多くの転職支援実績から、応募する製薬会社に合わせて志望動機の作成などにアドバイスをもらう事が出来るでしょう。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ