MRの年収に関して

基本給以外にも手当が付きやすいですね

MRの年収は他の営業職に比べると高めです。それは、基本給の高さに加え、住居手当、営業手当て制度が含まれているからです。

通常は大手国内製薬会社が一番高く、大手外資系製薬会社、国内中小製薬会社の順になります。

MRの給料の殆どは月給制となり、年収約500万円位からの収入になります。

賞与は、国内製薬会社で年に2回、夏と冬にあります。外資系製薬会社では1年に3回賞与が支給される会社が多いです。業績が反映された賞与となるところもあります。

30代で1,000万円プレイヤーとなるMRもおり、高収入を実現する転職ということで真剣に転職を検討されている方も多いと思います。

他の営業職と比べてMRに特徴的な収入としては、営業日当と住居手当があります。営業日当は、残業手当のようなもので、一定時間外に外勤営業をしたときに支払われ1日あたり3000円前後になります。

住居手当は他の職種でもありますが、製薬会社は住居手当が手厚く、多くの製薬会社では賃貸住宅を社宅扱いとして一定金額を会社で負担しています。会社の負担は大抵70~90%、上限家賃を超える場合は自己負担になります。しかし、その分MRは転勤が多いのが現状です。

車に関しても持ち込むことで手当が出ることもありますから、面接などの際に確認すると良いかもしれません。

コントラクトMRの年収について

ジェネリック医薬品は新薬に比べて安価で購入できるため、ジェネリック医薬品会社も人件費や経営コストを抑えている会社が多く、そのため年収も新薬会社に比べると低くなる傾向になります。

コントラクトMRは所属する会社によって年収は異なります。住居手当などない会社もあり、どちらかというと製薬会社のような手厚い補助は期待できません。

コントラクトMRは通常年収400万円くらいからスタートして、昇格していくパターンが多いです。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ