新薬メーカーMRに関して

給料・福利厚生が充実した新薬メーカーMR

一般にMRというと新薬を取り扱っている製薬会社で働くのを思い浮かべると思います。医師へ新薬の情報を提供し、医薬品に関する高い専門性が求められます。

また、新薬を患者に使用した場合の効果や副作用のデータ収集や医薬品と疾病を関連づけた論文などを医師に提供し、医師の薬物療法のパートナーとなって働きます。

通常は、認定資格を取得し活躍しています。年収上位は、国内のメーカーでは、大塚ホールディングス、エーザイ、新バイオ製薬、アステラス製薬、キョーリン製薬ホールディングスの順になっています。

福利厚生、給料など日系と外資系とでは体系が異なり1年目の給料は日系企業の方がいいようです。

新薬メーカーのMRは給料、福利厚生などの処遇面や医薬品に対する専門性の高さなどから魅力もあり、人気もあります。応募数の多い割には採用枠が少ないためかなり狭き門となっています。

新薬メーカーMRの中途採用は少ない?

中途採用を狙ってみるのも良いですが、実際には求人は少ないためなかなか転職に成功するのは難しいのが現状のようです。
ですから、数少ないチャンスをものにするように行動する必要があります。

新薬メーカーの就職を希望する場合、転職サイト会社などに登録して募集を見逃さないようにしたり、新薬メーターの応募と同時に、コントラクトMRにも応募します。

もし、新薬メーカーに採用とならなかった場合、コントラクトMRとして新薬メーカーでの経験を積み、その後、経験者として再度新薬メーカーへ転職をするほうが転職の可能性が高いです。

ジェネリックMRは近年成長してきているため、採用率が高いです。しかし、おなじ職種でもジェネリックMRからの新薬メーカーへの転職は難しくなっています。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ