ジェネリックMRに関して

今後のキャリアを考えて企業を選びましょう

ジェネリック医薬品は後発医薬品のため、その医薬品の特徴などの専門的知識よりは、先発医薬品との違いとして商品を紹介していきます。

そのため、ジェネリックMRは医薬品に関する専門性は新薬メーカー勤務に比べるとそれほど求められることはありません。なので、あまり認定資格も要求されることはないようです。

ジェネリックMRは通常、そのジェネリック製薬会社の正社員として勤務していますが、新薬メーカーの正社員と比較すると年収、福利厚生は低いです。またジェネリック会社によっても、給料や福利厚生に差があるのでよく調べて自分にあった会社を探すことも大切です。

ジェネリックMRは企業も増加傾向にあり、応募者数も少ないため転職率も高めです。

しかし、就職後は認定資格取得のための教育などは新薬メーカーに比べると積極的には受けられないことあります。そのため、経験年数を重ねたとしても新薬メーカーへの転職は難しくなってきます。

MRとして転職をする際には、今後のキャリアを考えてどの企業で働くか、と言うことも考えると良いかもしれません。

ジェネリック医薬品を取り扱う会社としては沢井製薬、東和薬品、大洋薬品工業などがあります。

政府の医療費抑制を目的に導入されたジェネリック薬品普及で今後もますますジェネリック会社は増加するでしょう。

医薬品の価格競争も出てくる中、生き残るジェネリック会社をよく見極めてジェネリックMRを応募していく必要もあるかもしれません。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ