【MR面接対策】面接担当者の中のキーマン

面接担当者の役職について考える

MR転職においては、面接が特に重要です。

と言うことを、MR転職 面接のコツで掲載しました。

さらに面接を上手く進めるために、ある点について意識してみると良いでしょう。

それは面接担当者の役職、立場です。

自己紹介の際に名乗って頂けることもありますし、紹介される事もあります。

困るのが、特に何も役職について言われない場合です。

周囲への話し方の様子や、質問の深さなどから推測するしかありませんが、もし社長や経営層が面接に同席している場合には、どういった意図で参加をしているかを考える必要があります。

もしあなたが一般職としてMR転職に臨んでいるのであれば、社長や役員は、直属の上司となる人物のサポートとして参加している可能性が高いです。ですから、それほど意識をしなくても良いと思います。

逆に、あなたが管理職として転職を希望しているとすれば、その部門でも重要な役職を果たすポジションに就く事になりますから、社長や役員の意見は重要になってくる場合が多いでしょう。

あなたを採用することで、会社の戦略実行に影響が出てくる可能性があるため、しっかりと見極めようと参加している可能性が高いです。

最終面接の場合が多いですが、この場合の面接は、しっかりと会社の戦略や事業展開などについて研究をしておく事が重要です。

万が一ズレた受け答えをしてしまってはいけませんよね。ですから、しっかり意識をして受け答えをする必要があるでしょう。

採用したい人材像を想定する

いずれにしても、中途採用の場合には、人材の補充が目的である場合が多いです。

採用したい人材像、経験値などがあるはずですから、それを想定して面接に臨むことが重要となります。

今回のMR募集でどんな人材が求められているのか。しっかりと事前準備をして面接に臨みましょう。

社風について知っておくことも重要でしょう。長い目でみて、会社に合いそうな人材かどうか、というのは重要な判断材料となります。

そうした情報を事前に得る方法として、MR転職エージェントを利用する事はおすすめです。少しでも転職成功の可能性を高めるために、こうした転職支援を活用してみてください。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ