MR転職 面接対策の重要性

MRの転職を成功させるポイントは「面接」

MRの転職でとても重要なのが、面接対策です。

MRの転職、面接対策のポイントとして過去に記事としてまとめていたのですが、「MR転職 面接 質問」などで訪問される方が多いので改めて、記事としてまとめる事にしました。

MRとして希望の製薬会社へ転職を成功させるポイントは、面接にあるといっても良いでしょう。

履歴書、職務経歴書などで魅力的と感じても、面接が原因で不採用となるケースは非常に多いのです。

中には、

「優秀だとは思いますが、今回は縁が無かったと言うことで・・・」

というケースも。

優秀だと思うなら採用してくれ!
と思わないでもないですが、そこには社風に合わないと判断された、今求めるポジションの能力とは違った、など優秀だから採用されるとは限らない製薬会社側の理由もあります。

面接対策がズレている場合

自分では面接対策はしっかりやっている、と思っても少々ズレていることもあります。

自分自身では気がつかないことって多いんですよね。

話を論理的に、短めにまとめているつもりであっても、実は十分長くて分かりにくかったり。そうしたことは、第三者にハッキリ言ってもわらなければ、気がつかないままかもしれません。

面接で不採用になる事が多い方は、面接対策のサポート、アドバイスを一度受けられる事をおすすめしたいと思います。

MR転職エージェントを利用する事で、面接対策のサポート・アドバイスも受けられますから、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトでも、特に利用が多い2大MR転職エージェントに直接色々と質問をして回答を頂いております。

こちらも参考にして頂けますと幸いです。

製薬会社の中途採用 欲しい人材のニーズ

製薬会社の中途採用は、その時に応じて「こんな人材を補強したい、獲得したい」というニーズがあります。

そのニーズに合わない場合、とりあえず採用しておこうか、となる訳はありませんから(そんな余裕は企業には無いでしょう・・・)結果、不採用となります。

面接までは進めるけれど、いつも面接結果が不採用・・・内定をもらう事が出来ない。

そうした方は、面接対策が上手くいっていない可能性が高いです。

面接対策は応募する製薬メーカーそれぞれに立てるべきものですよね。

ぶっちゃけ、採用する側も人間ですから感情的な面で採用判定が影響されることもあります。

自社の情報に詳しい応募者には、やっぱり好感を持ちますよね。

重点領域、代表的な医薬品、製品、機器名、さらには資本金、社員数、本社所在地、社長の名前などまで。

一応でも構いませんから、調べて覚えておくと、ふとしたときに役立つ事もあります。

面接でよく聞かれる質問などに対する対策などについてより詳しくまとめていく予定です。

MRとして転職活動されている方は、ブックマークするなどして頂き、ぜひまたご覧になってみて頂ければと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ