実績を出せるMRとなるために

営業実績を出すMRとなるために

今はまだMRとして転職を考えていない、という方もいると思います。

もしくは数年後、キャリアアップを見据えて新薬製薬会社などへの転職を目標として日々お仕事をされているMRの方もいらっしゃるでしょう。

もちろん今在籍している製薬会社で実績を積み、貢献していく事も大切な事ですよね。実績を積み上げていくことで、部長、マネージャーなど管理職への昇進も可能性が出てくるでしょう。

この時期、新たに新規開拓をするように、ということで役割を担うこともあるでしょう。

病院ドクター、開業医ドクター。どちらをターゲットに営業を行うにせよ、忙しいドクターにいかに面談の時間をもらって商談を行えるようになっていくか。様々な提案を行える人間関係を築いていくか。

良い薬だから勝手に売れる、と言うことはほとんど無いですよね・・・。どんな医薬品であってもやはり営業活動は必要と言って良いでしょう。そのためにこれほど多くのMRが全国にいるわけですよね。

ある程度キャリアを積まれているMRの方であれば自分なりに営業活動のスタイルも出来ていると思いますが、経験が浅い場合、新たに異動してきたエリアで人間関係がほぼ無いという場合。

その場合の営業戦略としてヒントになるのが、その病院(クリニックなど)で働く看護師、事務方、薬局(隣接する調剤薬局)など巻き込んでいく方法です。

特に2012年4月から導入された接待費規制等によって、MRの営業活動の方法はガラッと変わった、という場合も多いでしょう。

簡単にいうと、病院ドクターと接点(時間)を持つのが難しくなったということ。3年経ちましたが、実感されている方も多いのではないでしょうか。

ドクターに対して効果的に営業活動を行うためには、事前準備が大切な事は言うまでもありませんよね。初対面こそ重要です。忙しいドクターに対しては、初回から有用な情報を用意して面会に臨みたいですね。

単なる挨拶、で終わってしまっては次回の面会のアポ取りも難しいでしょう。MRは他にも各社から来ていますからね。。

病院内での知名度を上げる活動

ドクターに効果的にアピールを行っていくためには、実は薬局や看護師に対してのアプローチも大切だといえるでしょう。

急がば回れ、ではないですが医師の周辺スタッフに対してもしっかり、丁寧にアプローチする事で結果的に、病院内でのあなたの知名度、製薬会社の知名度を上げることに繋がり、何らかのきっかけで医薬品を採用してもらえる機会へと繋がっていくこともあります。

またもし仮にあなたが今後転職して、製薬会社を移ったとしても薬剤師や看護師のネットワークによって評価は引き継がれていく場合も多いです。個人に属する評価ですから、製薬会社が変わったとしても医師にアプローチは引き続きしやすい状況を維持できると考えられます。

ちなみに、事務・クラークも大事な存在です。普段の医師の様子、困っていそうな事を意外と知っていたりします。様々な情報収集を行って、医師に有用な情報提供を行えるようになる事は重要ですよね。

医師に対して効果的に医薬品をアピールする機会を持つためにも、こうした周辺スタッフへのアプローチにも気を遣ってみると良いかもしれません。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ