MR専門の転職情報サイトを使いこなす事で有利に

MR転職サイトの利用は必須?

MRとして転職する場合、現在ではインターネットを利用してMR転職サイトに登録して紹介を受ける、もしく自己応募型の求人サイトを活用して自分で応募したい製薬会社からのMR求人を探して応募するスタイルが一般的だと言えるでしょう。

他には知り合いのつてで転職を誘われることもあるかもしれません、また、少数ではありますがヘッドハンティングされるケースもあります。

MRとしてキャリアを積んでくると、自分の今後のキャリアの積み重ね方であったり、どうしても携わりたい仕事内容、年収への不満などから転職を考える方もいるでしょう。

転職をする際には、MRの転職に特化した転職サイト、転職エージェントを利用する事で有利に転職活動を進める事が出来ます。

というか、他の方も利用している場合が多いですから、利用しなければ情報収集の段階で差が付いてしまう事にもなりかねません。

MRも非公開求人が多い職種です。こうした非公開求人はMR転職サイトに登録しなければ、詳しい情報を得ることが出来ないのですから、利用は必須とも言えるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などに関してもアドバイスをもらえますし、時には応募条件に少し満たない場合であっても交渉して面接の場を設けてくれる事もあります。

こうしたMR転職サイトはぜひ、活用すべきといえるでしょう。

どんな製薬メーカーでも永遠に安泰は無い、という事実

製薬メーカーといえども、当然のことながら安泰ではありません。昔は高収益を誇っていた新薬製薬メーカーであっても、やはり特許が切れたら(パテントクリフ)売上げが急激に下がると言ったことを経験していますし、そこから上手くリカバリー出来ているケースというのは少ないといえます。(元々の黒字幅が大きいので、売上げが減ってもまだ耐えられているメーカーが多いです)M&Aもどんどん進められていくでしょう。

その中で国内のMRは今後、減少していくのではないかと考えられます。もちろん新薬が上市されるタイミングでは従来通りにMRが大量募集される事もあるとは思いますが、全体の人数としては十分な人数に達していると言っても良いのではないでしょうか。

転職率の高いMR職

MRも人材流動性は割と高い職種です。転職によってキャリアアップされる方も多いですし、年収アップを実現したりする事も多いです。

転職理由として多いのは、転勤です。

関連記事:MRの転職理由「転勤、給料、モチベーション」

他には、専門領域でもっと経験を積みたいから、と言うことで転職される方もいます。昔からずっと携わりたかった領域がある方も、どこかのタイミングで転職されるケースが多いです。

最初から希望通りの仕事が出来る事は稀だと思います。誰もが、キャリアを積み重ねる中で次第に希望の仕事が出来るようになりますし、決裁権も得られるようになるでしょう。

最初はとにかくこの業界に入るためにいずこかの製薬メーカーへ就職。その会社で経験を積み、後から希望の仕事をするために転職をする、という転職事例もあります。

今後はより専門的な知識、経験を身に付けたMRが求められてくるはずです。そのためには、どういった働き方をしていけるかを考えていく必要があると言えるでしょう。

非公開求人にこそ、希望のMR求人がある可能性

その時、転職するという選択肢が出てきた場合には、公開求人だけでは無く非公開求人も含めて情報を得ることが大切です。良い情報は、クローズ案件にあると言って良いでしょう。

製薬メーカーとしても、あまり公に募集をしたくない事は多いでしょう。人材は企業戦略で重要な部分ですから、出来ればひっそりと行いたいものですし、高年収や好条件ともなれば応募が増えすぎる可能性もあります。

非公開求人にこそ、希望する条件でのMR求人がある可能性は高いと言えるでしょう。

MR転職サイト選びのポイントの一つとして「交渉力の強さ」が挙げられます。もし転職をお考えのMRの方がいらっしゃいましたら、MR転職エージェントの「交渉力の強さ」も意識して探してみてはいかがでしょうか。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ