親の介護を抱える管理職の悩み

MR管理職が転職を考える理由

製薬会社からの求人には、MRと共に営業所長・支店長・エリアマネージャーなどの管理職の求人募集もあります。

営業所長として現在ご活躍の方も、何らかの理由によって転職をお考えになる事もあるでしょう。

製薬メーカーで働く営業所長や支店長などの管理職も、転勤は避けられないことが多いですから、転勤の辞令などにあたって何らかの事情があり転職を考えるケースも多いようです。

会社の戦略・方針と自分の考えが大きく食い違ってきて、転職を考える事もあるかもしれません。

無視できない親の介護問題

営業所長・支店長、エリアマネージャーなど管理職といえども、転勤が数年単位である事が多いですが、家庭の事情によって転勤できない方も多いと思います。

例えば、最近よく言われるのが「親の介護問題」です。

潜在的に親の介護が必要な管理職、役員が多いと言われています。管理職として活躍する年代は、早くて30代。メインとなるのは40代と思いますが、この年代ともなると親も60歳、70歳、晩婚のご家庭ですと80代となるでしょう。

現在既に介護が必要、もしくは近い将来には介護が必要になるかもしれない、というご家庭も実は多いのではないでしょうか。介護老人保健施設や有料老人ホームへ入居してもらえるように説得中、という方も実はいると思います。

週末は実家へ介護のために毎週帰っている、と言う管理職、役員の方もいます。移動にも時間がかかるでしょうし、介護も実際に関わると分かりますが、とても大変です。いずれも体力的には大きな負担です。この時、地元へ戻る事が出来れば・・・と考える方も少なくないでしょう。

しかし、管理職としての責任や、同ポジションでの転職先が地元にあるかどうか・・・でお悩みになる方も多いと思います。そのため転勤辞令に対しては、単身赴任という形で応じ、毎週戻ってくるというスタイルで働く方もいるのではないでしょうか。

そうなると交通費の負担も無視できませんし、何より疲れを取る暇がありません。疲労が蓄積されてきてしまいます。

製薬メーカーは各社多くの営業所を持ちます。国内に100以上の営業所を持つメーカーも少なくありません。タイミングが良ければ、地元の営業所での募集もあるかもしれません。その中には新しい戦略をもたらしてくれる営業所長を採用したいと考えている製薬メーカーもあるでしょう。

ここまでキャリアを積んできたけれども、転職の可能性も考えたい、という管理職の方は、

リクルートエージェント

などを利用して情報収集をされることをおすすめしたいと思います。

エムスリーマーケティング 採用・求人【次世代型MR】

業界随一の交渉力!MR Biz様に聞いた!MR転職に関する疑問Q&A

メディカル業界転職に強いJAC Recruitmentに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

転職支援のプロDODAエージェントサービスに聞いた!MR転職に関する疑問Q&Aページへ

MR転職サイト ランキング・評価ページへ